工芸  —乾隆ガラス—

  • 乳白地紅色被せ浮彫山水楼閣文花瓶 / 白地紅色被せ山水瑞祥文瓶(辛家胚)
  • 皇帝黄色地浮彫楼閣文蓋付壷 /皇帝黄色地浮彫竜繋花弁文瓶
  • 白地緑色被せ浮彫葡萄図瑞祥文瓶(表家皮作) / 白地緑被せ浮彫花鳥文鉢
  • 白地藍色被せ浮彫花鳥文瓶 / 白色地藍色被せ浮彫四方花鳥文瓶
  • 青色地浮彫花鳥文鉢
  • 白地透明水辺人物文花瓶
  • 皇帝黄色地七彩被せ浮彫草花文瓶(乾隆年製銘)
  • 桃色寿老人彫像
  • 白地桃色瓢箪形瓶(乾隆年製銘)
  • 白地紅色被せ花弁鉢
乾隆ガラスについて

乾隆(けんりゅう)ガラスとは、中国清代に作られた鼻煙壷(びえんこ)を含むガラス製品の総称です。
本来、乾隆ガラスは、清朝第6代皇帝の乾隆帝(在位1735〜1795年)の時代に作られたガラス製品を指す名称でしたが、清代のガラス産業がこの乾隆年間の60年間に最盛期を迎え、清代における最高傑作など上質な作品の大半が作り出されたことから、一般に清代を代表するガラス製品としてこの名称が使われるようになりました。
 
近年、乾隆ガラスは、世界のガラス史の中で新たに見直され、そのユニークな作品の意匠と独特の技術技法が高い評価を受けています。

前へ
次へ
コレクション一覧へ
白地紅色被せ花弁鉢

白地紅色被せ花弁鉢