日本画

  • 「山霧幽玄」 東山  魁夷
  • 「夏座敷」 橋本  明治
  • 「花かげ」 松尾  敏男
  • 「山の辺新秋」 吉田  善彦
  • 「刈田余情」 池田  遙邨
収蔵品一覧
日本画について

昭和期を代表する日本画家の巨匠と呼ばれる東山魁夷、画家であると同時に教育者としても名高い平山郁夫、また花鳥画家として知られる上村松篁など、日本画壇を代表する先生方に描き下ろしいただいた一級の作品をお楽しみいただけます。
京セラ美術館では、収蔵品の一部を常設展示しています。

前へ
次へ
コレクション一覧へ
「山霧幽玄」 東山  魁夷

「山霧幽玄」 東山  魁夷

東山 魁夷 (1908〜1999)
神奈川県横浜市に生まれる。本名新吉。幼少の時神戸に移る。1926年、東京美術学校日本画科に入学、結城素明に師事する。在学中の1929年、第10回帝展に「三国の秋」を出品して初入選。同美術学校研究科修了後の1933年、第1回日独文化交換学生に選ばれベルリン大学哲学科美術史部に留学する。1937年、初個展を開催。1939年、日本画院展の第1回展に「冬日(3部作)」を出品して受賞。戦後の第3回日展に「残照」で特選、以後日展に出品をつづける。1965年に芸術院会員となり、1969年に毎日芸術大賞受賞、同年文化勲章を受章して文化功労者となる。青を基調とした透明な色調によって、日本や北欧の風景を描いた。