日本画

  • 「山霧幽玄」 東山  魁夷
  • 「夏座敷」 橋本  明治
  • 「花かげ」 松尾  敏男
  • 「山の辺新秋」 吉田  善彦
  • 「刈田余情」 池田  遙邨
収蔵品一覧
日本画について

昭和期を代表する日本画家の巨匠と呼ばれる東山魁夷、画家であると同時に教育者としても名高い平山郁夫、また花鳥画家として知られる上村松篁など、日本画壇を代表する先生方に描き下ろしいただいた一級の作品をお楽しみいただけます。
京セラ美術館では、収蔵品の一部を常設展示しています。

前へ
次へ
コレクション一覧へ
「山の辺新秋」 吉田  善彦

「山の辺新秋」 吉田  善彦

吉田 善彦 (1912〜2001)
東京都に生まれる。本名誠二郎。1929年から速水御舟に師事、御舟の死後は小林古径に師事する。1937年、第24回院展に「もくれんの花」を出品して初入選。1940年から法隆寺金堂壁画模写事業に参加する。1964年、日本美術院同人となる。1960年の「桂垣」で初めて金箔を用い、以来、理知的な描線と淡い色調と金箔の品の良い光沢が融合した、独得の抒情的な画境を確立していった。院展での受賞の他、毎日芸術賞、日本芸術院恩賜賞などを受賞している。1964年から東京芸術大学で後進の指導にあたった。