日本画

  • 「山霧幽玄」 東山  魁夷
  • 「夏座敷」 橋本  明治
  • 「花かげ」 松尾  敏男
  • 「山の辺新秋」 吉田  善彦
  • 「刈田余情」 池田  遙邨
収蔵品一覧
日本画について

昭和期を代表する日本画家の巨匠と呼ばれる東山魁夷、画家であると同時に教育者としても名高い平山郁夫、また花鳥画家として知られる上村松篁など、日本画壇を代表する先生方に描き下ろしいただいた一級の作品をお楽しみいただけます。
京セラ美術館では、収蔵品の一部を常設展示しています。

前へ
次へ
コレクション一覧へ
「刈田余情」 池田  遙邨

「刈田余情」 池田  遙邨

池田 遙邨 (1895〜1988)
岡山県浅口郡(現·倉敷市)に生まれる。本名昇一。はじめ大阪に出て松原三五郎の天彩画塾で洋画を学んだが、その後、日本画に転じて竹内栖鳳に師事した。1921年、京都市立絵画専門学校(現·京都市立芸術大学)に入学。1928年、第9回帝展出品の「雪の大阪」で特選となり、以後、帝展、新文展、日展を中心に活躍し、写実にもとづきながらも、独特のユーモアとロマンと洒脱味を示す作風によって、多くのファンを持った。晩年には漂泊の俳人、種田山頭火に共鳴して、一連の山頭火シリーズを制作した。母校で後進を指導するとともに、画塾『青塔社』を主宰した。1984年に文化功労者となり、1987年文化勲章受章。