日本画

  • 「山霧幽玄」 東山  魁夷
  • 「夏座敷」 橋本  明治
  • 「花かげ」 松尾  敏男
  • 「山の辺新秋」 吉田  善彦
  • 「刈田余情」 池田  遙邨
収蔵品一覧
日本画について

昭和期を代表する日本画家の巨匠と呼ばれる東山魁夷、画家であると同時に教育者としても名高い平山郁夫、また花鳥画家として知られる上村松篁など、日本画壇を代表する先生方に描き下ろしいただいた一級の作品をお楽しみいただけます。
京セラ美術館では、収蔵品の一部を常設展示しています。

前へ
次へ
コレクション一覧へ
「夏座敷」 橋本  明治

「夏座敷」 橋本  明治

橋本 明治 (1904〜1991)
島根県浜田町(現·浜田市)に生まれる。1931年、東京美術学校日本画科を卒業し、松岡映丘に師事する。1940年〜1950年の間、法隆寺の壁画模写主任として活動。1952年、芸術選奨文部大臣賞受賞。1955年、日本芸術院賞受賞。1974年、文化勲章を受章し文化功労者となる。日本画の伝統にとらわれず、強い描線による明快な形体と鮮やかな色彩が印象的な独自の作風を生み出した。