特別展
京セラ美術館特別展 彫金の美 帖佐美行の世界
京セラ美術館特別展  彫金の美 帖佐美行の世界
帖佐美行プロフィール
  1915(大正4年)   鹿児島県に生まれる
賛陽舞心
賛陽舞心(迎雅捧燈)
 
ユーカリの便り
ユーカリの便り
 
夕灯りと羽音と
夕灯りと羽音と
  1930(昭和5年)   小林照雲に師事
  1940(昭和15年)   海野清(人間国宝)に師事
  1955(昭和30年)   日展 特選受賞(2年連続) 旧ソ連政府買い上げ、レニングラード美術館に収蔵
  1957(昭和32年)   日展 審査員(以降21回)
  1962(昭和37年)   第5回改組日展 「牧場のある郊外」で文部大臣賞受賞
  1965(昭和40年)   「夜光双想」で日本芸術院賞を受賞
  1974(昭和49年)   日本芸術院会員に就任
  1975(昭和50年)   日展常務理事に就任
  1978(昭和53年)   WCC国際会議日本国内委員に就任
紺綬褒章受章(迎賓館へ作品寄贈)
日本新工芸家連盟を結成し、代表委員に就任
  1979(昭和54年)   彫金の詩50年帖佐美行展開催
  1980(昭和55年)   奈良·東大寺昭和大修理落慶に際し、作品「青龍」「白鳳凰」(一対)を奉納
  1981(昭和56年)   帖佐美行彫金展(東大寺昭和大修理落慶法要献納作品記念展)開催
  1982(昭和57年)   日本新工芸家連盟会長に就任
  1984(昭和59年)   皇居新宮殿飾壺謹作「和讃想」(彫金壺)新宮殿の為に
宮内庁より制作依頼·宮内庁買上げ
  1985(昭和60年)   京都賞(稲盛財団)受賞記念メダル原型を制作
  1986(昭和61年)   フランス政府シラク首相へ「柏実の夢」(香器)を贈呈
  1987(昭和62年)   勲三等旭日中綬章受章·文化功労者に顕彰される
  1991(平成3年)   改組第23回日展にて天皇·皇后両陛下に作品のご説明(作品「賛陽舞心」)
第13回日本新工芸展にて三笠宮·同妃両殿下に作品のご説明(作品「洋蘭宝想筥」)
帖佐美行展開催(世田谷美術館)
  1992(平成4年)   東大寺南大門仁王像平成大修理の為「宇宙鎮魂祈念の器」(経筒)二点·経巻軸鼻
二対を献納し、阿形像頭部内に封入される
  1993(平成5年)   文化勲章受章
  1998(平成10年)   日仏文化交流の一環としてパリにて個展開催
  2002(平成14年)   享年87歳にて故人となる
  2006(平成18年)   NHKテレビ「あの人は今」で放映される
 
過去のお知らせ