製品における環境配慮の取り組み

Global
ファインセラミック製品太陽光発電システムエネルギーマネジメントシステム
プリンティングデバイスLED照明切削工具有機材料

 ファインセラミック製品
ファインセラミックスは、エコロジカルマテリアルの代表的素材となっています。優れた機械的特性や電磁気特性、熱的特性等などを活かし、環境、エネルギー、自動車など各種産業用の機械・装置に多用され、環境汚染防止、省資源、地球温暖化防止に貢献しています。

図:ファインセラミックスの特性

家庭用燃料電池(SOFC)セルスタック
家庭用燃料電池は電気を作る発電ユニットと、発電時に発生する熱でお湯を作る排熱利用給湯暖房ユニットの2つで構成されています。エネルギー効率が高く、地球温暖化防止の原因となるCO2など温室効果ガスの発生が極めて少なく、環境に配慮したシステムとして、一層の普及が期待されています。京セラは、発電効率の高い固体酸化物形燃料電池(SOFC)の心臓部であるセルおよびセルスタックの開発を進め、セルの材料に耐熱性、耐久性に優れたファインセラミックスを用いることで、世界最高水準の発電効率を実現しています。
  定格出力1kW以下の家庭用燃料電池で世界最高効率(2016年2月24日時点)
写真:SOFCシステム発電ユニット


セラミックフィルタ
優れた耐熱性を持つセラミックフィルタは、大型ゴミ焼却プラントなどの排ガス処理装置に使用され、排熱エネルギーの高効率利用に用いられています。従来の、ろ布製バグフィルタの使用温度域(150〜200℃)に比べ、高い温度域(300〜900℃)で集じん処理が可能となり、排熱利用時のエネルギー効率向上、水洗処理によるフィルタの再利用が可能となっています。
写真:高温集じん装置概観

セラミックグロープラグ&積層型ピエゾ素子
セラミックグロープラグは、ディーゼルエンジンの始動を補助し、排ガス中の有害物質の発生抑制に貢献しています。
積層ピエゾ素子は、圧電セラミックスを利用し、燃料噴射装置用の部品として燃料の高圧噴射および噴射量の精密な制御による燃焼の最適化に貢献しています。
写真:ディーゼルエンジンの断面図

アルミ溶湯部品
京セラの窒化珪素材料は、高温強度、耐熱衝撃性、耐食性に優れています。自動車エンジンやアルミホイール製造用アルミ溶湯装置に用いることで、部品の長寿命化、溶湯中への不純物溶出防止などの効果があり、廃棄物削減、製品品質向上に貢献します。 写真:アルミ溶湯用部品

アルミ溶湯部品

LED用セラミックパッケージ&単結晶サファイア基板
セラミック材料は、LEDから発生する熱を効率よく放散できるため、LEDの発光効率を下げることなく、長寿命、高信頼性を維持することができます。これにより高輝度LEDを実現することが可能になりました。
また、単結晶サファイアは、LEDのベース基板として、携帯電話や液晶テレビのバックライトなどの製品に採用されています。
写真:セラミックパッケージ&単結晶サファイア


 太陽光発電システム
写真:住宅用太陽光発電システム「RoofleX(ルーフレックス)」

住宅用太陽光発電システム
「RoofleX(ルーフレックス)」

写真:鹿児島七ツ島メガソーラー発電所(鹿児島県鹿児島市、約70MW)

鹿児島七ツ島メガソーラー発電所
(鹿児島県鹿児島市、約70MW)
京セラは、第一次オイルショック(1973年)を契機に、将来のエネルギー源となる太陽光発電の技術が必要であるという信念から、1975年に太陽電池の研究・開発に着手しました。そして、1982年に世界に先駆けて、現在主流となっている多結晶シリコン太陽電池の量産化に成功し、1993年には日本で初めて住宅用太陽光発電システムの販売を開始しました。
現在では、国内外に住宅用・産業用太陽光発電システムを提供するとともに、自らが発電事業主となり、太陽光発電所の運営にも携わり、太陽光発電の普及拡大をはかっています。

 エネルギーマネジメントシステム
エネルギーマネジメントは、電気やガスなどのエネルギーを見える化し、効率的なエネルギーの活用を実現します。京セラは、太陽光発電で創った電気を、蓄電システムにしっかり蓄えて、賢く使うことで電気代の節約やエコに貢献できる暮らしをサポートしています。電力を無駄なく有効活用するマネジメントシステムで、電力の自給自足生活をめざしています。また、地域やコミュニティ全体で電力需給のバランスを調整し、電力の安定利用をはかる自動デマンドレスポンスの実証実験にも積極的に取り組んでいます。
再生可能エネルギーを最大限に活かしたマネジメントシステムを実現することで、全人類の課題である地球温暖化を防止する未来のエネルギー環境に貢献していきます。
図:エネルギーマネジメントシステム

ホーム・エネルギー・マネジメント・システム


 プリンティングデバイス
アモルファスシリコン(a-Si)感光ドラム
高耐久アモルファスシリコン(a-Si)感光ドラムは、レーザープリンターや複合機の基幹部品として搭載され、機器本体の長寿命化、メンテナンスコストの低減、廃棄物の削減に貢献しています。 写真:高耐久a-Si感光ドラム

高耐久a-Si感光ドラム


 LED照明
写真:高演色LEDモジュール「CERAPHIC®」

高演色LEDモジュール「CERAPHIC®
写真:高効率LED照明

高効率LED照明
京セラは、太陽光に非常に近い光を再現した高演色のLEDモジュール「CERAPHIC®」を供給しています。パッケージにセラミックスを採用することで、樹脂パッケージと比較し約2倍の10万時間の期待寿命を実現し、廃棄物の削減に貢献しています。また、オフィスや、工場・倉庫などの高天井、看板・広場のライトアップなどさまざまな用途で使用いただける高効率LED照明も展開しています。これらの製品の普及をはかることにより、消費電力の削減に貢献します。


 切削工具
フライス工具
写真:フライス工具

フライス工具
フライス工具は金属切削の幅広い工程で使用されています。切削抵抗の低減と高い耐欠損性を両立し、安定加工・長寿命化による生産性の向上に貢献しています。

使用済み切削チップとチップケースのリサイクル
京セラでは、生産現場で使用された後の切削チップとチップケースの回収・リサイクルを行っています。
回収したチップやケースを原料粉末や固形燃料、路盤材として活用するスラグなど、それぞれの用途に適切にリサイクルすることで、廃棄物削減と資源の有効利用に取り組んでいます。
  図:切削チップリサイクルシステム

 有機材料
銀シンタリングペースト
近年、鉛規制対応の強化策として、欧州ELV指令で適用除外だった高融点鉛はんだについても規制する動きがでてきています。
京セラでは、銀ナノ粒子の低温焼結性を利用し、鉛はんだに代替可能な新しい接合材である銀シンタリングペーストを開発しました。車載向けのLEDヘッドライトやインバーターなどに展開されていくことで、化学物質による環境負荷低減に貢献します。

自動車廃棄物の削減による環境負荷低減を目的とした指令
写真:銀シンタリングペースト

銀シンタリングペースト

ハロゲンフリー材料
塩素や臭素などのハロゲン系元素は、燃焼した際にダイオキシンなどの有害物質を発生させる可能性があることから、欧州を中心として世界各国の化学物質関連法令で使用が規制されています。京セラでは、これらの法規制に対応したハロゲンフリー材料を数多く開発しており、化学物質による環境負荷低減に貢献しています。

JPCA(日本電子回路工業会)規格値にもとづく。
写真:半導体封止材料(ハロゲンフリー)

半導体封止材料
(ハロゲンフリー)

低VOC材料
VOC(Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物)とは、揮発性を有し、大気中で気体状となる有機化合物の総称であり、トルエン、スチレンなど多種多様な物質が含まれています。VOCは、人の健康への影響が懸念される浮遊粒子状物質および光化学オキシダントなどの原因のひとつとされています。京セラでは、モーターなどの絶縁処理に使う絶縁ワニス分野で、VOCの発生を従来の1/50以下に低減し、臭気も大幅に減らしたスチレンフリーワニスを開発し、販売しています。 写真:絶縁ワニス(低VOC)

絶縁ワニス
(低VOC)
   
 
このページのトップへ