トップメッセージ

Global

「 京セラフィロソフィ」の実践を通して、人類、社会の進歩発展に貢献します。
人間として正しいことを正しいままに貫く
京セラグループの経営の根幹は、「人間として何が正しいか」を判断基準として、人間として当然持つべき倫理観、道徳観、社会的規範に従って、公明正大な経営を行っていくことの重要性を説いた企業哲学である「京セラフィロソフィ」です。
そして、その企業哲学を実現していくために創り出した独自の経営管理手法である「アメーバ経営」を実践することで全員参加の経営を推進するとともに、お客様、従業員、株主、投資家、お取引先様などすべてのステークホルダーの皆様にタイムリーに情報開示するなど、透明性の高い企業活動に取り組んでいます。
京セラグループにとってのCSR は、経営の根幹である京セラフィロソフィの実践そのものであり、京セラフィロソフィを実践することにより、ステークホルダーとの相互信頼の構築、京セラグループの持続的な発展、そして社会の健全な発展に寄与することにつながると考えています。
今後も「京セラフィロソフィ」の実践を通して、人類、社会の進歩発展に貢献してまいります。
 

事業を通じた社会への貢献
現代社会は、経済のグローバル化、人々の価値観の多様化、エネルギー需要の増大や地球温暖化、世界人口の増加など、さまざまな課題を抱えています。京セラグループでは、「情報通信市場」、「自動車関連市場」、「環境・エネルギー市場」および「医療・ヘルスケア市場」を成長市場として、事業の拡大をはかっています。また、IoT(Internet of Things)の普及拡大に向けてさまざまな技術や製品開発の強化をはかり、事業を通じた社会への貢献を果たしてまいります。
「情報通信市場」では、スマートフォンなどのデジタルコンシューマ機器の高機能化や多機能化、小型・薄型化等に貢献する高付加価値製品や、データ伝送量の増大や高速伝送を支えるネットワークシステム向け部品の開発に取り組んでいきます。また、独自技術を活用し、差別化をはかった通信機器や情報機器の新製品投入により、快適な操作性や使いやすさなど、あらゆる人が満足できる製品づくりに努めてまいります。
「自動車関連市場」では、自動車の電装化、環境対応、自動運転の普及といった市場からの期待に対して、グループを横断した組織を構築することにより、体制を強化しています。既存製品の用途拡大や新規顧客開拓に取り組むとともに、技術開発の一層の強化およびお客様との協業により、新製品開発を加速していくことで、環境と調和した安全で快適なクルマ社会の実現に寄与してまいります。
また、「環境・エネルギー市場」では、太陽光発電システムや燃料電池による創エネルギー事業や、蓄電ユニットによる蓄エネルギー事業に加え、発電した電力や蓄えた電力を無駄なく活かすエネルギーマネジメントシステムの拡大に取り組むことで、地球に優しい社会づくりに貢献していきます。具体的には、創った電力を自家消費する動きの広がりに対応し、太陽電池モジュールの変換効率の向上や高効率な燃料電池システムの市場投入、大型蓄電池などの事業拡大に努めていきます。また、電力の安定供給および省電力に貢献するためのシステム開発を強化してまいります。
「医療・ヘルスケア市場」では、人工関節等の医療機器事業拡大に加え、素材および部品からシステムにわたる技術のシナジーの追求および外部機関との連携をはかることで、革新的な製品や技術を開発し、人びとのQOL(Quality of Life:生活の質)の向上や医療の発展に貢献していきます。
 

グローバルなCSR課題への対応
京セラグループが、グローバル競争に打ち勝ち、高成長を続けていくためには、経営基盤を一層強化することに加え、国際規範の遵守、現地の習慣や文化などの多様性の尊重、環境との調和をはかりながら地域に根ざした事業活動を展開することが重要と考えています。
京セラグループでは、人権、労働、環境、腐敗防止に関する基本的原則である国連グローバル・コンパクトに参加し、CSR課題の解決に向けて積極的な活動を展開しています。
特に環境活動については、「共生(LIVING TOGETHER)」の考えのもと、エコロジー(環境性)とエコノミー(経済性)の両立を追求し、環境製品の開発だけでなく、生産現場の省エネルギーや地球温暖化防止などにも積極的に取り組んでいます。このような活動が評価され、環境省より2010年度から7年連続で「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞しています。今後も京セラグループに関係するすべてのステークホルダーの皆様からのご期待にお応えしていくことで相互の信頼関係を構築し、社会の健全な発展に貢献していきます。
 


   
 
このページのトップへ