信頼性の証

  • 長期使用実績NO.1の太陽光発電
  • 世界に認められた品質
  • 長期使用実績と信頼性で、メガソーラーや公共·産業用システムにグローバル展開
  • 安心が求められる学校で数多く採用
  • 海外の無電化地域で活躍する京セラの太陽光発電

世界に認められた品質

認証審査機関、DNV GL社(本社:ノルウェー)による信頼性調査において唯一、全項目で「トップ・パフォーマー」に3回連続認定 第三者認証機関 テュフ ラインランド(本社:ドイツ)による太陽電池の「長期連続試験」において世界で初めて認証を取得 国際研究機関 フラウンホーファー研究機構シリコン太陽光発電研究センター(本社:ドイツ)により、世界最高水準の耐久性能を実証

詳しく見る

詳しく見る

詳しく見る

認証審査機関、DNV GL社(本社:ノルウェー)による信頼性調査において唯一、全項目で「トップ・パフォーマー」に3回連続認定

世界有数の認証審査機関、DNV GL社(本社:ノルウェー)が太陽電池モジュールの信頼性を評価する調査「PVモジュール信頼性スコアカード2017」において、最高レベルの評価である「トップ・パフォーマー」に認定されました。当社は唯一、3回連続(2014年版、2016年版、2017年版)で全項目においてトップ・パフォーマーの認定を受けました。

5つ全ての項目で最高レベルの評価!

第三者認証機関 テュフ ラインランド(本社:ドイツ)による太陽電池の「長期連続試験」において世界で初めて認証を取得

世界初! 太陽電池での「長期連続試験」注1認証を取得
製品の安全と品質に関して、世界有数の第三者認証機関、テュフ ラインランド(本社 ドイツ)が、太陽電池性能品質テストとして実施する「長期連続試験」において、世界で初めて注1、京セラの多結晶シリコン型太陽電池モジュールが認証されました。さらに、同機関の塩水噴霧試験にも合格。海域や沿岸地域などの厳しい環境下でも長期間性能を保つことが証明されています。
注1: 一般的な国際基準であるIEC(国際電気標準会議)よりもさらに厳しい条件下で、約1 年にわたり連続した試験を行う総合的な太陽電池性能品質テスト。一枚のモジュールを使い「高温高湿」、「温度サイクル」、「結露凍結」、「バイパスダイオード」の4項目の試験を連続的に実施し、各段階の終了ごとに出力性能を測定。2011年1月認証。

国際研究機関 フラウンホーファー研究機構シリコン太陽光発電研究センター(本社:ドイツ)により、世界最高水準の耐久性能を実証

耐PID試験で出力低下ゼロ

アメリカやアジアにも拠点をもつドイツの国際研究機関、フラウンホーファー研究機構シリコン太陽光発電研究センター注2が世界の主要モジュールメーカー13社の製品を対象に行った「耐PID試験注3」において、出力低下が起きなかった4つのモジュールのひとつとして、京セラの製品があげられました。ここにおいても、高い長期信頼性が実証されたといえます。

耐PID試験の出力低下率

注2: Fraunhofer Center for Silicon Photovoltaics CSP
注3: 耐PID(=Potential Induced Degradation)試験。直流電圧1,000V、温度50℃、湿度50%の環境下に48時間置き、初期の出力に対するモジュールの出力低下率を比較。2012年6月認証。