稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

市場の変化に対応する

時間当りの意味

「時間当り採算」は、社員の1時間の労働の中でどれだけの価値を生み出すことができたかを計算しています。

「時間当り」=1時間当たりの付加価値

「時間当り」=1時間当たりの付加価値

※経費には労務費を含みません

<時間当りを上げるための3つの方法>

アメーバ全員の創意工夫で

  • ①売上(総生産)を上げる
  • ②経費を下げる
  • ③総時間を減らす

「時間当り」を上げるための3つの方法

アメーバ経営とは
フィロソフィが欠かせない
経営者の分身をつくる
市場の変化に対応する
全員参加経営
事例で見るアメーバ経営