稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

市場の変化に対応する

社内協力対価とは

たとえば、病院の整形外科で医療行為を行った際、各部門からのサービス提供と捉え、それに見合った対価を部門ごとに治療収入から配分します。

社内協力対価とは

各部門が収入を意識することで、採算意識が向上します。

アメーバ経営とは
フィロソフィが欠かせない
経営者の分身をつくる
市場の変化に対応する
全員参加経営
事例で見るアメーバ経営