稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

京都賞(稲盛財団)

稲盛財団の設立(1984年)

稲盛は若い頃から技術者、経営者として真摯に仕事に取り組み、京セラの発展とともに、相当の個人的資産を得ることができました。しかし稲盛には、「個人的資産は社会からの一時的な預かり物で、いつかは社会にお返しすべきもの」という思いがあり、自らがファインセラミックスの研究開発で様々な賞を受ける中で、「自分がいただくのではなく、さしあげる側にならなければ」と強く感じるようになりました。
その後さらに思いを深めた稲盛は、自らの人生観を具現化し、これまで自分を育んでくれた社会にお返しをするため、1984年4月、52歳の時に、私財約200億円を投じて稲盛財団を設立しました。
稲盛財団は次の3つの事業を通して、国際相互理解の増進に努め、人類の平和と繁栄に貢献することを目的としています。

1.「京都賞」顕彰事業
2.研究助成事業
3.社会啓発事業

京都賞(稲盛財団)
盛和塾
多岐にわたる社会活動