稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

京都賞(稲盛財団)

京都賞の特徴

京都賞とは

  1. 科学や文明の発展、また人類の精神的深化・高揚に著しく貢献した人々の功績を讃える国際賞です。
  2. 毎年、先端技術部門、基礎科学部門、思想・芸術部門の3部門で授与されます。
    自然科学だけでなく、思想・芸術をも加えた3部門としたことが、京都賞の大きな特徴です。
  3. 候補者は、稲盛財団が年ごとに信任する国内外の有識者により推薦されます。
    その選考は、各部門専門委員会・審査委員会、および京都賞委員会の3段階からなる京都賞審査機関によって行われます。
  4. 受賞者は毎年6月に決定し、授賞式および関連行事は毎年11月に京都で開催されます。
  5. 受賞者にはディプロマ、京都賞メダルおよび一賞につき賞金5,000万円が贈られます。

京都賞の最大の特徴は、科学の発展だけでなく、思想や芸術など人類の精神面における研究に対しても賞を設けている点と、単なる発明・発見だけでなく、道を究めるために人一倍の努力をし、その業績が長く人類・社会に多大な貢献をもたらした点を審査し顕彰するところにあります。また、京都賞受賞者によるシンポジウムが、米国サンディエゴにてサンディエゴ大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校、サンディエゴ州立大学と共催で毎年開催されています。

各部門の受賞対象分野

京都賞は、先端技術部門、基礎科学部門、思想・芸術部門の3部門があり、さらに各部門とも4つの分野に分かれ、年ごとに授賞対象分野が定められています。

京都賞(稲盛財団)
盛和塾
多岐にわたる社会活動