稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

新着情報

中国・瀋陽で稲盛和夫哲学報告会が開催

イベント

9月3、4日の2日間、稲盛和夫経営哲学報告会が中国の瀋陽で開かれた。同報告会は、稲盛の経営哲学を学ぶ勉強会で、2010年から中国で開催され、今回9回目を迎えた。

 

報告会には、中国の盛和塾塾生を中心に、日本、台湾などから約1,700名が参加し、会場は満席となった。初日から2日目の夕刻にかけては、15名の塾生が経営体験を発表したほか、塾生など5名によるパネルディスカッションも開かれた。

 

最後は稲盛による「不況を次の発展の飛躍台に」と題する約1時間の講演が行われた。講演の中で稲盛は、「企業の歩みを一本の『竹』の成長になぞらえれば、不況を克服することは、一つの『節』がつくられるようなもの。数々の不況を克服することでできる、たくさんの『節』は、次の成長への足がかりとなり、堅固で強靭な構造をつくることになる」と述べた後、不況への対策として次の5つを挙げた。

 

1. 全員で営業する

2. 新製品開発に全力を尽くす

3. 原価を徹底的に引き下げる

4. 高い生産性を維持する

5. 良好な人間関係を築く

 

講演の最後には、経済社会の転換点を迎えている中国において厳しい不況に直面する経営者に対し、「次の新たな飛躍に向けて、たゆまぬ努力を続けるならば、必ずや明るい未来が開けていく」とエールを送った。

 

 

<関連リンク>

・盛和塾とは
 http://www.kyocera.co.jp/inamori/contribution/seiwajyuku/

・不況に備える7つの心構え
 http://www.kyocera.co.jp/inamori/special/prepare/

一覧へ戻る