稲盛会長 OFFICIAL SITE

メニュー

不況に備える7つの心構え不況に備える7つの心構え

高い生産性を維持する

必要最小限の人員で緊張感を持った仕事をする必要最小限の人員で緊張感を持った仕事をする

不況で注文が減り、つくるものも減ってきたときに、少ない仕事を従来通りの人員で生産すれば、製造現場の生産性は下がり、職場の空気がたるんでしまいます。

そのような場合には、つくるものが減った分だけ製造現場で余ってくる人員を生産ラインから切り離し、工場の整備や勉強会など、景気が戻ったときに備えた仕事をしてもらう。

そして製造現場では、常に一番忙しいときと同じように、必要最小限の人員で緊張感を持った仕事をしてもらう。そのようにして、それまでたいへんな苦労をして向上させてきた生産性を維持していくことが非常に大切なのです。


不況に備える7つの心構え