配当金

トップ > 配当金

① 利益配分に関する基本方針
 当社は、将来にわたり連結業績の向上を図ることが企業価値を高め、株主の皆様のご期待に応えることになると考えています。
 従って、配当につきましては、連結業績の「当社株主に帰属する当期純利益」の範囲を目安とすることを原則とし、
 連結配当性向を40%程度の水準で維持することを配当方針としています。併せて、中長期の企業成長を図るために必要な
 投資額等を考慮し、総合的な判断により配当金額を決定することとしています。
 また、当社は今後も安定的かつ持続的な企業成長を図るため、新事業・新市場の創造、新技術の開発及び必要に応じた
 外部経営資源の獲得に備える内部留保資金を勘案し、健全な財政状態を維持する方針です。

② 前期(2016年4月1日から2017年3月31日まで)の配当金
 前期の期末配当は、通期の業績及び上記の基本方針を踏まえ1株当たり60円とし、これにより年間の配当金は、
 中間配当50円と合わせて、前期と比較し10円増配の1株当たり110円となります。

③ 当期(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の配当金予想
 当期の配当金については、上記の基本方針に則り配当金額を決定します。現時点では当期の業績予想を基に、
 1株当たりの年間配当金は110円を予想しています。