京セラグループ環境出前授業

 
京セラグループ環境出前授業
     
京セラグループが考える環境出前授業
京セラは、次代を担う子どもたちが、学校教育の中で環境問題やエネルギーに対して理解を深め、地球を思う心を育てられることを目的として、2002年度より、社員が講師となって学校へ赴き、太陽電池を題材とした環境出前授業を実施しています。
2008年度からは「京セラグループ環境出前授業」として京セラグループ国内25拠点に実施規模を拡大し、その周辺地域を中心に取り組んでいます。
これまで多くの子どもたちに地球環境を大切にしていこうとするメッセージを伝えてきましたが、このような啓発活動を地道に継続していくことが重要であると考えており、今後も、子どもたちの心に地球を思う気持ちが芽生えるきっかけづくりに努めていきます。
授業内容 活動実績 子どもたちの感想

携帯・複写機などを使用したその他の出前授業
   
 
このページのトップへ