ニュースリリース

2007年

2007年03月29日

デジタルカメラの画像1枚で幅広いコンサルティング

"太陽電池のついた我が家"を3Dシミュレーション

— 業界初 『3次元新設計システム』を採用 —

2007年03月29日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:川村 誠)は、住宅用ソーラー発電システムの販売において、自宅にソーラー発電システムを設置した場合の3次元イメージ画像や発電量、見積もりまで簡単に提示できる設計ソフトを4月3日より導入し、お客さまがより実感をもって購入を検討いただける販売コンサルティングを行っていきますのでお知らせいたします。

写真:設計ソフトによる3次元イメージ
設計ソフトによる3次元イメージ

住宅用ソーラー発電システムの購入を検討いただく場合、これまでは既設事例をお客さまにご覧いただきながら自宅への設置をイメージしていただいていました。
また、販売コンサルティングの際は、自宅の設計図面をお預かりしたり、屋根に上り寸法を測定するなど、お客さまを煩わせる場面が数多く存在しました。
新システムを活用することにより、地上からのデジタル写真1枚だけで、さまざまな角度から設置イメージを立体的、かつ自由自在に確認できる3Dシミュレーションが可能となります。また、お客さまには、予算や設置パターンに合わせた発電電力量予測や見積もりをその場で確認いただけるようにもなります。
ビジュアル面はもちろんのこと、設置にかかる費用や設置した場合の発電電力量をもとに、より臨場感をもって「太陽電池のついた我が家」をイメージしていただくことができます。

■新しいソリューション
1. 太陽電池モジュールの設置を3次元でビジュアル化
撮影した住宅(お客さま宅)のデジタル画像を新システムで処理し、太陽電池モジュールを設置した屋根をビジュアル化します。そのイメージを回転させるなど、さまざまな角度から3次元で確認していただくことができます。

2. モジュールの設置枚数と発電量を算出
その住宅屋根に設置可能な太陽電池モジュール枚数や必要な部材の算出までできます。また、住所や設置面の方角などを登録することで、その地域特有の気象傾向を加味したシステムに必要な部材の種類や点数、発電量をシミュレーションすることができます。

3. リクエストに合わせたさまざまな見積もりを提案
最大発電電力量を想定した見積もりや予算に合わせた最適な見積もりを提案できます。

4. 当社の幅広いラインナップに対応
SAMURAI(サムライ)、HEYBAN(ヘイバーン)、ECONOROOTS(エコノルーツ)といった、現在販売中の京セラ住宅用ソーラー発電システム全種に対応しており、お客さまのニーズに合わせた最適なシステム選択ができます。

写真:設計ソフトによるシミュレーション(SAMURAI設置例)
設計ソフトによるシミュレーション(SAMURAI設置例)

新システムは、国内の住宅用ソーラー発電システムの販売を行なっている株式会社京セラソーラーコーポレーションが展開するFC(フランチャイズ)店ならびに販売代理店で4月3日より順次導入していきます。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ