ニュースリリース

2007年

2007年04月18日

2010年度の太陽電池生産量500MWに向けて

シリコン原料確保と世界4極生産の増強計画

2007年04月18日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:川村誠)は、世界で高まっている太陽電池の需要に対応し、2010年度には現在の約3倍となる500MWまで生産量を引き上げる計画であり、そのためのシリコン原料を確保しました。これに伴い、本年度より、ソーラーエネルギー事業における生産体制の増強を行い、供給量の増大を図っていきますのでお知らせいたします。

■シリコン原料の確保について
京セラは、多結晶シリコン太陽電池において、シリコン原料の鋳造から太陽電池セルの製造、太陽電池モジュールの組み立てまで、すべて自社内で一貫生産を行なっています。昨今のシリコン原料不足の間、今後の生産拡大に備え、研究開発や品質向上に取り組んできましたが、このたび、複数社より安定したシリコン原料供給を受けることが可能となりましたので、段階的な設備増強を計画し、着実に生産を拡大していきます。

■太陽電池セルを生産する八日市工場の増強
シリコン原料の安定供給を受けて、太陽電池モジュールの基幹デバイスである太陽電池セルを製造する滋賀八日市工場では、2005年9月に増設した新工場棟へさらなる増産のための設備導入を進めていきます。本年度より毎年約50億円(総額約200億円)の設備投資を行い、2010年度には年間500MWのフル生産体制を整えます。

■太陽電池モジュールを生産する世界4拠点の増強
京セラは、日本・欧州・米国・中国という太陽電池の世界主要4市場の需要拡大に迅速に対応できるよう、すでに各地域で太陽電池モジュールの現地製造・供給体制を確立しています。今後、シリコン原料の安定供給を受け、段階的に500MWまで太陽電池セルの生産量を引き上げていくのに並行して、各4拠点にて、工場新棟の建設や生産設備の導入を実施し、総額約100億円の設備投資による生産体制の増強を図り、2010年度には年間500MWの太陽電池出荷を実現します。

現在、多結晶シリコン太陽電池は世界で約50%を占めており、太陽電池の主流として普及しています。年産500MWは、シリコン原料の鋳造から太陽電池セルの製造、太陽電池モジュールの組み立てまで、すべて自社内で完結する多結晶シリコン太陽電池の生産規模としては、世界最大となります。

※年産500MW:500,000kW。日本国内の住宅(一般的な設置容量3.7kW)約13万5000棟への供給量に相当。

■各製造拠点の増強計画(構想)
プロセス
製造サイト
増産計画
増強策
太陽電池
セル
京セラ
滋賀八日市工場
(現在) 年産約180MW

(2010年度)年産約500MW
*4年に分けて順次、設備導入を進め、
段階的に生産量を引き上げる
*投資総額約200億円
太陽電池
モジュール
(日本市場)
京セラ
三重伊勢工場
(現在) 年産約100MW

(2010年度)年産約110MW
*2007年度、工場建屋を増設
*2007年度、製造装置を導入
*2008年度、製造装置を増設
*投資総額約10億円
(欧州市場)
京セラソーラー
ヨーロッパ・
チェコ工場
(現在) 年産約25MW

(2010年度) 年産約150MW
*2009年度、隣接地に1階建ての新工場棟を
建設予定
*工場規模を現在の2倍に拡張
*毎年、段階的に製造設備を導入
*投資総額約40億円
(米国市場)
京セラソーラー・
メキシコ工場
(現在) 年産約25MW

(2010年度) 年産約150MW
*2007年度、隣接地に2階建ての
新工場棟を建設
*工場規模を現在の10倍に拡張
*毎年、段階的に製造装置を導入
*投資総額約40億円
(中国市場)
京セラ(天津)
太陽エネルギー
有限公司
(現在) 年産約30MW

(2010年度) 年産約90MW
*2007年度、設備導入で生産量を倍増
*2009年度、新工場建設を計画しており、 工場規模を1.5倍に拡張し、設備も一部 導入予定
*投資総額約10億円

■京セラの出荷太陽電池2.1GWは「東京都を植林で緑化」に相当
京セラは、1975年のソーラーエネルギー事業創業以来、累計(1975−2006年実績)で約760MW分の太陽電池を出荷してきました。これらすべての太陽電池は、太陽光から電気エネルギーへの変換を絶え間なく続けており、人々の暮らしや社会の活動に役立っています。
2010年度に500MWの生産量を実現した場合、その時点で、京セラの太陽電池の累計出荷量は、約2,160MW(約2.16GW)となります。
約2.16GW分の京セラ製太陽電池が世界中のどこかで稼動していることとなり、京セラは太陽電池を通じて、総計約28万kl/年の石油使用削減に寄与することとなります。この石油使用削減量は温室効果ガス約317万t-CO2/年の発生を抑制するもので、植林面積で換算した場合、約2,100km²となります。東京都の面積が2,187.11キロ平米であり、同等の広さをそのまま植林によって緑化するという行為に相当することとなります。
(※東京都面積:東京都HP「都の概要」による)

写真:滋賀八日市工場(棟屋上に210kWの太陽電池)
滋賀八日市工場(棟屋上に210kWの太陽電池)
写真:三重伊勢工場(棟屋上に80kWの太陽電池)
三重伊勢工場(棟屋上に80kWの太陽電池)

写真:京セラソーラー・メキシコ工場
京セラソーラー・メキシコ工場
写真:京セラ(天津)太陽エネルギー有限公司
京セラ(天津)太陽エネルギー有限公司

写真:京セラソーラーヨーロッパ・チェコ工場
京セラソーラーヨーロッパ・チェコ工場
写真:チェコ工場内、モジュール製造の様子
チェコ工場内、モジュール製造の様子

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ