ニュースリリース

2007年

2007年09月18日

モバイルWiMAX事業企画会社の設立について

2007年09月18日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

KDDI株式会社
インテル コーポレーション
東日本旅客鉄道株式会社
京セラ株式会社
株式会社大和証券グループ本社
株式会社三菱東京UFJ銀行
ワイヤレスブロードバンド企画株式会社
KDDI株式会社(代表者:代表取締役社長兼会長、小野寺 正、以下「KDDI」)、インテルコーポレーション(代表者:社長 兼 CEO、ポール・オッテリーニ、以下「インテル」)、東日本旅客鉄道株式会社(代表者:代表取締役社長、清野 智、以下「JR東日本」)、京セラ株式会社(代表者:代表取締役社長、川村 誠、以下「京セラ」)、株式会社大和証券グループ本社(代表者:代表執行役社長、鈴木 茂晴、以下「大和証券グループ本社」)及び株式会社三菱東京UFJ銀行(代表者:頭取、畔柳 信雄、以下「三菱東UFJ銀行」)は、本日、モバイルWiMAX技術を用いた2.5GHz広帯域移動無線アクセスシステム(以下「BWA」)の特定基地局開設計画の認定(以下「事業免許」)取得を目的に設立した「ワイヤレスブロードバンド企画株式会社」(以下「新会社」)への出資及び事業免許付与後のワイヤレスブロードバンド事業運営において協力することに合意しました。

新会社は、この合意に則り、事業免許を申請し、免許が付与され次第、出資各社の強みを最大限活用し、早期にワイヤレスブロードバンド事業の開始を目指します。

KDDIは、他社に先駆けて、2003年よりモバイルWiMAX技術に着目し、IEEE(米国電気電子学会)、WiMAXフォーラムでの国際標準化に貢献するとともに、2006年には実用化を目指した国内で初の実証実験を大阪市で実施しました。また、通信インフラの構築・運用保守など長年培った技術力・ノウハウも有しており、これらの経営資源を新会社に継承し、新会社の事業運営上の強みとしてまいります。

インテルは、モバイルWiMAXの世界的な普及と対応機器の開発を推進するリーダーシップを活かし、グローバルな規模で、モバイルWiMAX市場の創出を牽引しています。さらにインテルは、同社の戦略投資部門であるインテル キャピタルを通じて新会社に出資する計画です。インテル キャピタルは、世界各国でこれまでにも重要なモバイルWiMAX案件に対して投資を行っています。

JR東日本は、自社インフラとして約7,500キロに及ぶ鉄道網に、約1,700ヶ所の生活拠点としての駅、更に1日約1,600万人という世界一のご利用客があるなど、首都圏を中心として幅広い顧客基盤を有しています。

加えて、新会社は、京セラ、大和証券グループ本社、三菱東京UFJ銀行から出資を受けることにより、モバイルWiMAXネットワークを早期に構築するための安定的な財務基盤を確立します。

このように、新会社は、モバイルWiMAX及び通信事業に関する技術力・ノウハウ、ワイヤレスブロードバンド市場への迅速な展開力、国際ローミングなどグローバルな展開力、安定した経営基盤などを合わせ持ちます。事業免許が付与され次第、早期にワイヤレスブロードバンド事業を開始し、MVNOとの連携を強化し新たな市場を創出・拡大させ、お客様が多様なブロードバンドサービスをご利用頂けるよう事業を推進します。これにより、日本の国際競争力を高めるとともに、情報通信市場のさらなる発展と活性化に寄与し、経済・社会の発展に十分貢献することを目指します。

新会社の概要は以下のとおりです。


■会社概要
社名 ワイヤレスブロードバンド企画株式会社
本店所在地 東京都千代田区飯田橋3-10-10
資本金*1 8億5,000万円
株主*2 KDDI(32.26%)
インテル キャピタル(17.65%)
JR東日本(17.65%)
京セラ(17.65%)
大和証券グループ本社(9.8%)
三菱東京UFJ銀行(5%)
増資完了予定日 2007年9月27日*3*4
代表取締役社長 田中 孝司(KDDI)
*1 本日時点では、2億7,420万円です。
*2 本日時点では、KDDIが100%保有しております。
*3 会社設立日は、2007年8月29日になります。
*4 事業免許取得後、更に増資を行う予定です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ