ニュースリリース

2008年

2008年01月30日

キッチン空間を明るく楽しくプロデュース

セラミックナイフに5色の「フルーツナイフ」が登場

2008年01月30日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:川村 誠)は、全国に販売展開しているセラミックキッチンコレクションのラインアップとして、レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルーの5色のカラーバリエーションを揃えたフルーツナイフを追加し、2008年2月1日より順次販売開始しますのでお知らせいたします。
これまでのキッチンコレクションに、新たにフルーツナイフのカラーバリエーションが加わることで、ご自宅のキッチンをお好みに合わせてトータルコーディネートすることが可能になります。

写真:フルーツナイフ
フルーツナイフ

発売日 2008年2月1日(金)以降順次全国展開
販売店 百貨店、量販店、ホームセンター
ハンドルカラー レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー
価格 オープン価格
サイズ 227×28×19mm(全長×幅×厚さ)
刃渡り 110mm
重さ 51g
刃部材質 ファインセラミックス
柄材質 ポリプロピレン
販売目標 発売から1年間で60,000本

■独自のすぐれた特長が生きるセラミックキッチンコレクション

ファインセラミック製のキッチンコレクションには、以下のような特長があります。
刃が錆びない
金気臭がつかない
台所用漂白剤が使用できる
切れ味が長持ちする
最近は、特にセラミックナイフの特長が広く認知されてきており、本格的に全国展開を始めた1985年から10年以上が経過した現在では、累計約370万本、年間では実に約50万本以上を売り上げています。
このセラミックナイフのひとつである当社のフルーツナイフは、「セラミックナイフRモデル」のラインアップとして、2007年2月より、スタンダードな黒い柄の商品を発売しました。果物は、切ったものをそのまま口にすることも多いものです。ファインセラミック製のフルーツナイフは金属製の包丁と違い、金気臭がつかないので食材の風味を損なわずに調理することが可能です。今回は、このフルーツナイフに5色のカラーバリエーションを揃えて市場投入いたします。

■各種キッチングッズのカラー展開
昨今、自宅でホームパーティを開くことも珍しくなくなり、現代のキッチンは「調理の場」だけでなく「社交の場」にもなってきました。人々が集う場となるキッチン空間を自分の好みに合わせてコーディネートするために、調理器具には、優れた機能を持つ品質の高さと、豊富な種類やデザインバリエーションを求める人が増えています。
このような背景を踏まえ、京セラが2006年1月から展開しているものが、キッチンコレクションのカラーシリーズです。すでに三徳タイプのナイフ、ピーラー(皮むき器)、スライサー、クッキングボードにおいて、このたび新たに発売するフルーツナイフと同じ、5色のカラーバリエーションを揃えて販売展開しています。これらのカラーシリーズは、セラミックナイフのターゲット層である40〜50代の主婦の方々はもちろん、使い勝手のよさや、見た目のカラフルさから、20〜30代の若い女性にもたいへん好評となっています。
カラーシリーズのラインアップの充実によって、実用性だけにとどまらず、お客様がお気に入りの色で「自分らしさ」を表現する。「明るく楽しいキッチン空間」のプロデュースに、京セラ製品が一役買っています。

写真:左よりフルーツナイフ イエロー、グリーン、レッド

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

キッチン用品·宝飾品の最新ニュース

このページのお問い合わせ