ニュースリリース

2008年

2008年06月03日

さらに充実の高機能を搭載、WIN端末 「W64SA」登場

2008年06月03日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:川村 誠)は、au向け携帯電話の新製品として、高機能でありながら使い勝手をさらに充実させつつ、フロントパネルがほのかな光で彩られるWIN端末「W64SA」を製品化いたします。この製品は、SANYOブランド端末として、KDDI株式会社より本日発表された新ラインアップの機種となります。

au携帯電話の高機能化を実現する共通プラットフォームのKCP+に対応し、高精細な2.8インチワイドVGA IPS液晶、ワンセグ、FeliCa®を搭載。ワンセグが一発起動できるワンタッチTVキーや、au oneガジェット対応のほか、他社機種メニューへの対応など、使い易さをさらに向上させた高機能WIN端末です。
カラーバリエーションは、ピンクボトル、ホワイトボトル、イエローボトル、ブラックボトル、といったネーミングの4色を展開。フロントパネルを彩る2色のイルミネーションの組み合わせでカラーセラピーもできる、色の持つ意味合い、楽しさにもこだわった新製品です。
写真:「W64SA」左よりピンクボトル開き、ホワイトボトル、ピンクボトル、イエローボトル、ブラックボトル
「W64SA」左よりピンクボトル開き、ホワイトボトル、ピンクボトル、イエローボトル、ブラックボトル

品名 W64SA
価格 オープン価格
本体カラー ピンクボトル、ホワイトボトル、イエローボトル、ブラックボトル
発売元 KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社


【W64SAの主な特長】
■フロントパネルを彩る色と光のデザイン
フロントパネルは、アロマオイルや香水のボトルをイメージしたクリア素材に各色を組み合わせた2色成型を採用し、透明感のある質感に仕上げました。そのフロントパネルの中央には、5色のやわらかな光が、上下2色の組み合わせで浮かび上がります。またモーションセンサーとイルミネーションの連動により、端末を振ると5つの色の組み合わせが次々と浮かび上がる「シェイクイルミ」や、端末を立てると色づいた光の影がゆっくりと沈んでいくような「イルミドロップ」など、さまざまな光の演出を楽しむことができます。また、シェイクイルミで好きな色の組み合わせを選び、専用サイトに接続すれば、本格的なカラー診断も楽しめます※1
色には、それぞれパワーがあるといわれます。「W64SA」は、色を選ぶことで自分らしさを表現したいと考える、20代から30代の男女をターゲットに提案する、カラーイルミネーションが印象的なケータイです。
※1 別途パケット通信料がかかります
写真:シェイクイルミ、イルミドロップ (点灯イメージ)
シェイクイルミ、イルミドロップ (点灯イメージ)

■ファインパネル採用の見やすいディスプレイ
  2.8インチワイドVGA IPS液晶を搭載したメインディスプレイは、従来のワイドQVGAに比べ4倍の解像度で表示されます。ディスプレイと強化ガラスを密着させたファインパネルの採用により、光の乱反射を押さえ、明るい場所でも見やすくなっています。
   
■多彩な高機能を搭載
1. マルチプレイウィンドウ
  ワンセグを見ながらメールのやり取りが行える2画面表示や、パソコンのように使いたい機能を起動したまま、同時に複数の機能を平行して使用することが可能なプレイ切替など、KCP+の便利な最先端機能を搭載しています。
2. 常時オートロック
  アプリケーション起動中でも一定時間が経過すると、自動でロックがかかるセキュリティ機能を搭載しています。
3. au oneガジェット、検索ウィンドウ対応
4. 「他社機種メニュー」対応
5 ワンセグ機能搭載
  ダイヤルキーボタンの下のワンタッチTVキーを押すだけでワンセグがすぐに起動します。帯域拡張技術DBEX™※2や、好みの画質に変更ができる鮮やかモードに対応しており、臨場感あふれる高音質と、高画質でワンセグが楽しめます。自動で画面の明るさを調整できる自動バックライト制御機能や、予約録画、視聴予約、タイムシフト再生など充実機能も搭載。約800MBのデータフォルダでワンセグ放送を最長約4時間10分※3の保存も可能です。
※2 ダイマジック社の帯域拡張技術
※3 約3.0MB/分の場合。2GBmicroSDメモリカードへは、約10時間20分
6. Bluetooth®搭載
   
■その他機能
1. FMラジオ
  ホイップアンテナ搭載により、イヤホンアンテナなしでスピーカーからの聴取が可能。
2. 手ブレ対応、有効画素数約199万画素オートフォーカス付カメラ搭載
  手ブレ補正をONにすると、「6軸手ブレ補正」と「高感度・高速撮影」の2つの機能が状況に応じて自動で作動し、ブレの少ないきれいな写真が撮影できます。
その他、「ぱぱっとパノラマ®」「すすっとスキャン®」にも対応。また、VGAサイズの高画質ムービーも最大約90分間※4撮影可能です。
※4 メモリ残量1GB以上のmicroSD™メモリカード(別売)使用時
3. ステレオ録音ICレコーダ-
最長約24時間※5のステレオ録音が可能なICレコーダーを搭載。「会議用」と「口述用」の2種類の録音方式の選択ができます。
※5 充電しながらの場合
4. ブラインドスクリーン
  ワンタッチTVキーを長押しすると、ディスプレイ表示のコントラストを調整して、周りの人からメールなどの内容が見えにくくなります。
5. 文字入力サポート機能搭載
  "自動カーソル移動"は文字入力中、一定時間が過ぎると、カーソルが自動的に右に移動するので、「あい」など同じ行の文字を続けて入力する時に便利です。また、「い」と押すのにキーを押しすぎて「う」に移ってしまうなど、選択したい文字を過ぎてしまった場合、文字を確定する前であれば、#キーを押すと1つ前の文字へ戻すことができる"バック機能"、さらに、間違って文字の入力/消去、変換/確定したときにメールキーを押すと、直前の状態に戻すことができる"アンドゥ機能"を搭載しています。
   
■各種サービスに対応
1. au Smart Sports Run & Walk※1対応
  Run & Walkアプリを起動すると、ランニングやウォーキングの距離や消費カロリーがわかり管理ができますが、W64SAでは新たに、Run & Walkアプリを起動しなくても、日常の運動をケータイが自動的に計測し、距離やカロリーが表示されるカロリーカウンター機能も搭載しました。
GPS衛星の状態により、情報が正しく表示されない場合があります
初期設定で、カロリーカウンターはONになっています
カロリーカウンターは、モーションセンサー(加速度センサー)搭載
により、実現する機能です
2 LISMO Music & Video対応
  「netK2」対応により、高音質で音楽が楽しめます。
「netK2」は日本ビクター(株)とビクターエンタテインメント(株)が
共同開発した圧縮音源の高音質化技術です。

【W64SAの主な仕様】
サイズ(mm)幅×高さ×奥行き 約50×107×17.2 (折りたたみ時)
重さ 約122g(電池パック含む)
連続通話時間 約250分
連続待受時間

約240時間(カロリーカウンターON時)
約250時間(カロリーカウンターOFF時)
画面サイズ 約2.8インチワイドVGA IPS液晶
画面ドット数 480×800ドット
カメラ 有効画素数約199万画素、オートフォーカス機能付、手ブレ補正付
データフォルダ容量 約800MB(BREW®共有)
外部メモリ microSD™メモリカード(別売)

※連続通話時間および連続待受時間は、au携帯電話の電波を安定した状態で十分に受けている場合の平均的な利用時間です。実際のご利用になる地域や使用状況などにより、短くなります。また、通話と待受を組み合わせると、それぞれの利用時間は短くなります。連続通話時間および連続待受時間は、本リリース作成時であり、KDDIグループ各社のシステムの仕様変更等により、予告なく変更される場合があります。※本資料の中のその他の商標は、各社の商標もしくは登録商標です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ