ニュースリリース

2008年

2008年08月28日

印刷速度、解像度、印字幅の多様な28種類を標準化

バーコードプリンタ用サーマルプリントヘッド
新ラインナップの販売開始について

新環境性能 「EcoGeneration」にオプション対応

2008年08月28日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:川村 誠)は、薄膜部品事業で展開しているプリンタの印字デバイス「サーマルプリントヘッド」において、このたび、バーコードプリンタ用サーマルプリントヘッドを新たに標準化し、7シリーズ28種類を新ラインナップとして揃えました。本年9月より販売を開始しますのでお知らせいたします。

写真:バーコードプリンタ用サーマルプリントヘッド 写真:バーコードプリンタ用サーマルプリントヘッド

バーコードプリンタ用サーマルプリントヘッド

新シリーズでは、7シリーズ全てにおいて業界最高レベルの印字品質と業界最速レベルの高速性を備えています。また、従来製品は、主にカスタマイズ供給にて対応していましたが、このたびの標準化によって、ユーザー側のコスト削減ならびに納期短縮に寄与します。
さらに、新ラインナップは、近年ニーズが高まる消費電力の低減と騒音の抑制を実現する新しい環境性能「EcoGeneration」にオプション対応いたします。オプション性能である「EcoGeneration」は、新ラインナップと併せて京セラの新機軸として市場に提案してまいります。
京セラのバーコードプリンタ用サーマルプリントヘッドは、独自の薄膜形成技術を活かした高速、高印字品質、高信頼性が特長で、高いマーケットシェアを有しています。さらに活用領域が拡大するバーコード市場において、今後も京セラのサーマルプリントヘッドは高い技術と高品質な製品群で新たな可能性を拓いていきます。

■市場背景
バーコードプリンタは、主に店舗や工場等で使用されている各種バーコードラベルを印刷するプリンタです。スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでの販売状況を管理するPOS(販売時点情報管理)システムの拡大や、メーカーが注力する物流現場の効率化等に伴い、流通・ロジスティクス分野での需要が高まっています。
そして昨今、バーコードの活用領域は、医療や食品などの産業分野へとさらなる広がりを見せています。
厚生労働省の主導により、2008年9月から、医療事故防止等を目的に医療用医薬品へのバーコード表示が実施されるほか、2003年に成立した「牛肉トレーサビリティ法」をはじめ、「食の安全確保」のために、生産者情報や流通経路情報などを把握するトレーサビリティ用のバーコードも注目されています。
さらには、同じ面積で一般のバーコードの数十倍の情報記録が可能な、2次元コードの利用が普及拡大していることからも、商品の情報のみならず付随する多種多様な情報を網羅することが求められています。そして、これらを実現する印刷技術には、限られた範囲にどれだけの情報を正確に盛り込めるか、つまり、より細かく、より正確に印字できるかという高精細さが求められています。
このような背景のもと、京セラの高速・高精細なバーコード印刷技術と多彩かつ豊富な製品群が、「流通」「物流」「医療」「食品」といったさまざまな産業を支えています。

■ラインナップの特長
1) 28種類から選択可能
2) 各シリーズにて、業界最高レベルの印字品質と高速性を実現
3) 新たに展開する環境性能「EcoGeneration」にオプション対応

今回の新ラインナップでは、標準印字速度において毎秒150/250/300/350mmの4段階、解像度において203/300/600dpiの3段階、印字幅においては54〜219mmまでの5段階、合計28種類の幅広い製品を、市場の需要に合わせた標準仕様として取り揃えました。これにより、ユーザーは用途とコストに合わせて、最適なヘッドを選ぶことができます。
※シリーズ毎には1〜4種の印字幅から選択

表:各シリーズ名、標準印字速度、解像度(dpi)、印字幅(mm)

■環境性能「EcoGeneration」について
今回の新ラインナップでオプション対応する環境性能「EcoGeneration」は、省電力かつ静かな印字走行という2つの特長を備えています。京セラ独自の技術によって、発熱体部の構造を最適化することにより熱効率を改善し、消費電力を約40%(当社従来品比)低減できます。また、印字走行時のスティッキング現象※を抑制することで、最大6dBのノイズ軽減(当社従来品比)と駆動動力への負荷低減を実現した、環境負荷の少ない画期的な性能といえます。
※スティッキング現象・・・印刷メディアと記録ヘッドが固着する現象。印字の飛びやノイズの原因となる。

グラフ:左 熱効率の比較表、右 ノイズの比較表
熱効率の比較表
ノイズの比較表



【ご参考】

第10回自動認識総合展に出展
京セラは、来る9月10日(水)から12日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される、バーコードや磁気カードなど、自動認識分野における最先端要素技術、ソリューションの展示会「第10回自動認識総合展」に出展し、今回の新ラインナップの製品群をご紹介する予定です。

  出展概要詳細   http://www.kyocera.co.jp/ad/event/autoid_2008.html
  展示会の概要   外部サイト http://www.autoid-expo.com/tokyo/ 

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

部品·デバイスの最新ニュース

このページのお問い合わせ