ニュースリリース

2009年

2009年03月23日

京セラの太陽電池を設置した、地球環境にやさしい“エコ店舗

「餃子の王将」への太陽光発電システム導入について

2009年03月23日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

株式会社 王将フードサービス
京セラ株式会社

株式会社 王将フードサービス(本社:京都市山科区 社長:大東 隆行 以下「王将フードサービス」)は、全国に展開する中華料理チェーン店「餃子の王将」の宝ヶ池店(京都市左京区)、ならびに三雲店(滋賀県湖南市)に、京セラ株式会社(本社:京都市伏見区 社長:川村 誠 以下「京セラ」)が供給する太陽光発電システムを導入しました。
宝ヶ池店には10kW、三雲店には9.2kWの太陽光発電システムを導入しており、2店舗とも地球にやさしい"エコ店舗"として営業を開始するものです。
同システムで発電された電力は、店内で使用する照明などの電力の一部として使われます。また、両店内には、ご来店のお客さまにも環境について考えていただくきっかけとなるよう、太陽光発電システムによる発電電力量をリアルタイムに表示する発電モニターを設置しています。

特に宝ヶ池店は、京都市の景観風致地区にあることから店舗の看板もダークブラウンを基調とした落ち着いた色合いとなっているほか、今回設置した太陽電池には見た目が濃紺色である京セラ独自の太陽電池セル(d.Blue)を採用しているため、京都ならではの統一感のある外観となっています。

かねてより地球温暖化防止やCO2削減のために、コージェネレーションシステムの導入や使用済み割り箸の有効活用など、環境問題に積極的に取り組んできた王将フードサービス。地球環境に貢献する製品である太陽電池の事業に30有余年携わってきた京セラ。今回の取り組みは、この両京都企業によるコラボレーションで実現したものです。

これをきっかけに、両社とも地球環境を保護するためのさまざまな可能性を追求し、今後も企業という立場から地球温暖化などの環境問題の解決に貢献してまいります。

写真:餃子の王将宝ヶ池店外観
餃子の王将宝ヶ池店外観
写真:餃子の王将三雲店外観
餃子の王将三雲店外観
写真:店内の電力モニター(宝ヶ池店)
店内の電力モニター(宝ヶ池店)

【「餃子の王将」宝ヶ池店および三雲店の概要】
  宝ヶ池店 三雲店
エコ店舗開業日 2009年3月19日(木) 2009年3月13日(金)
営業時間 ■月曜~土曜日 AM11:00~翌AM2:00
■日曜日 AM11:00~PM10:00
※営業時間は予告なく変更となる場合があります。
■火曜~日曜日 AM11:00~翌AM3:00
■月曜日 AM11:00~PM10:30
※営業時間は予告なく変更となる場合があります。
所在地 〒606-0031
京都市左京区岩倉南桑原町51-2
(TEL:075-721-9183)
〒520-3222
滋賀県湖南市吉永上川原6
(TEL:0748-72-3956)
太陽光発電システム
設置概要
総出力:10kW(178.6Wモジュール 60枚)
発電量予測:10,148kWh/年
※宝ヶ池店の看板・店内照明の年間使用電力約34,000 kWh/年の約3割をカバーできる見込みです。
総出力:9.2kW(178.6Wモジュール 52枚)
発電量予測:8,570kWh/年
※三雲店の看板・店内照明の年間使用電力約28,500 kWh/年の約3割をカバーできる見込みです。


【各社の概要と環境に対する取り組み】
■株式会社 王将フードサービス

写真:屋上緑化(三雲店)
屋上緑化(三雲店)
1967年、京都市四条大宮に王将1号店を出店、全国で521店舗(3月23日現在)を展開している。「うまい、安い、はやい」をモットーに、チェーン店でありながら、店舗での手作り調理にこだわり、また、各店長へ大幅に権限委譲することによって、店舗ごとにオリジナルメニューやセットメニューの開発、価格設定、販促を行い、顧客ニーズへの素早い対応を可能としている。このような独自の経営戦略と料理・接客の向上への取り組みにより、4期連続で増収増益となる見込み。今回の太陽光発電システムの導入の他、他社に先駆けて看板電飾のLED化や高効率給湯器(エコキュート)の採用、新たな取り組みとして屋上緑化を北白川店(京都市左京区)と三雲店(滋賀県湖南市)の2店舗にて実施した。また、食品リサイクルの取り組みとして、生ゴミ処理機を現在80店舗以上に設置するなど、環境問題に積極的に取り組んでいる。

京セラ株式会社
写真:住宅用太陽光発電システム「SAMURAI」
住宅用太陽光発電システム
「SAMURAI」
1959年4月、ファインセラミックスの専門メーカーとして京都市で創業。現在では、各種電子部品、太陽電池、通信関連機器など、多岐にわたる製品をグローバルに展開している。地球環境保護に対しては「京セラ環境憲章」を制定して全社で総合的に取り組んでいる。京セラの環境配慮製品である太陽電池については、1975年に事業を開始して以来、30有余年にわたって事業を拡大してきた。2011年度には年間の太陽電池生産量650MWを計画し、世界の主要4市場での供給体制も増強している。国内では販売子会社の株式会社京セラソーラーコーポレーションと連携し、「製品・営業・施工・アフターサービス」の4つの品質管理を徹底。公共・産業用から住宅用まで、お客さまのニーズに合わせた高品質な製品を展開している。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ