ニュースリリース

2009年

2009年03月24日

京都議定書採択の地・京都でソーラーパネルが環境貢献

京都府本庁舎に京セラ製太陽光発電システムを設置

2009年03月24日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:川村 誠)は、このたび、京都議定書採択の地として世界から認知されている京都において、府のシンボルである京都府本庁舎に総出力40kWの太陽光発電システムを設置しましたのでお知らせいたします。
本件は、本庁舎2号館および議会棟に各々20kW(112枚)、合計40kW(224枚)の太陽光発電システムが導入されたもので、発電された電気は今後、庁舎の電灯等の電力の一部として寄与していくことになり、CO2削減に貢献する見込みです。

写真:京都府本庁舎に設置された太陽光発電システム(議会棟20kW)
京都府本庁舎に設置された太陽光発電システム(議会棟20kW)

■設置概要
場所 :京都府本庁舎 2号館および議会棟
   (京都市上京区下立売通新町西入藪ノ内町)
総設置面積 :約288m² (約144m²×2ヶ所)
総出力 :40kW (20kWシステム×2ヶ所)
システム構成 :太陽電池モジュール総数224枚(出力178.6W/枚、112枚×2ヶ所)
 パワーコンディショナ、接続箱、発電電力表示パネル など
稼動開始日 :2009年3月24日
発電電力量予測 :約35,491kWh/年

■概要
このたび京都府本庁舎に設置した太陽光発電システムは、当社独自の高効率太陽電池セル"d.Blue"を使用しているほか、太陽電池モジュールを低角度で設置する際に最適な"防汚タイプモジュール"を採用しました。このモジュールは、アルミフレーム枠の角に溝加工を施し、モジュール表面の埃や汚れなどを雨とともに流せるよう工夫したもので、設置面積の最大化や外観のデザイン性を考慮して、低い角度でモジュールを設置した場合でも汚れがたまりにくく、システムを快適に使うことができます。
このほか、設計や施工にあたっては、公共・産業用太陽光発電システムの累計設置件数・容量ともに国内トップシェア(2009年3月現在:京セラ調べ)を誇る京セラグループのエンジニアリング技術等を生かしています。
 
写真:アルミフレームに溝をつけた
防汚タイプの太陽電池モジュール
アルミフレームに溝をつけた
防汚タイプの太陽電池モジュール
     
かねてから京都府による屋上緑化が実施されている本庁舎2号館の屋上東側(京てらす)は、府民参画エリアとして一般公開されており、同じ屋上の西側に設置した太陽光発電システムも間近でご覧いただくことができます。また、現在の発電電力量や同システムの概要について、広く府民の方々に知っていただくために、各所(2号館屋上、本庁舎1号館南側玄関ロビー、議会棟ロビー)にモニター表示板を設置しました。
※:1号館と議会棟はディスプレイモニタによる表示です。
 
写真:屋上緑化も実施されている2号館の表示板
屋上緑化も実施されている2号館の表示板

京都府本庁舎には、地球と人類の未来にとって歴史的な一歩である京都議定書が採択された地として、"地球環境京都宣言"が掲げられています。
この地球環境保護を象徴する地、京都に本社をおく京セラは、今後もメーカーの立場から太陽光発電システムの普及を促進することで、地球温暖化などの環境問題解決に寄与していきたいと考えています。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ