ニュースリリース

2009年

2009年05月25日

10.9mmボディにワンセグ、おサイフケータイ®、3.2メガカメラを搭載した極薄モデル

京セラ製スリムワンセグケータイ「K002」登場

2009年05月25日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、このたびau向けKYOCERAブランド携帯電話の新製品として、スリムワンセグケータイ「K002」を製品化いたします。

国内携帯電話の契約数が既に1億を超え、市場は成熟期を迎えており、多様化する携帯電話においては、端末としての機能の実用性、アクセサリーとしてのファッション感が求められています。
K002は、生活スタイルが確立した30代から40代をメインターゲットに、主にこれらの層が求める機能、カラーなどを分析、「薄いボディの中にトレンドスペックを凝縮する」というアプローチで実現したKYOCERAブランドのau向け新端末です。
わずか10.9mmという極薄サイズは、ワンセグ、おサイフケータイ®に対応したケータイとしてはau最薄サイズとなり、トレンドスペックとなる3.2メガカメラや3.0インチIPS液晶も搭載し、薄さによる携帯性と充実したスペックの搭載による機能性を実現しました。
フロントパネルには、硬質なステンレス素材を採用して薄型化を実現しました。特殊加工によってシャープで上質な風合いを表現し、大人にふさわしいスタイリッシュなデザインとなっています。カラーバリエーションには、落ち着いたカラーの「インテリジェントブラック」「ディープレッド」「プラウドホワイト」「ピンクゴールド」の4色を用意しました。
今製品は、KDDI株式会社より本日発表された新ラインアップの機種となります。

写真:「K002」左より、インテリジェントブラック、ディープレッド、プラウドホワイト、ピンクゴールド  
商品名 K002
価格 オープン価格
カラー



インテリジェントブラック
ディープレッド
プラウドホワイト
ピンクゴールド
発売元

KDDI株式会社
沖縄セルラー電話株式会社

「K002」左より、
インテリジェントブラック、
ディープレッド、プラウドホワイト、
ピンクゴールド


■K002の主な特長
1.ワンセグ、おサイフケータイ®を搭載した10.9mmの極薄ボディ
K002は、10.9mmのボディに、ワンセグをはじめ、おサイフケータイ®、3.2メガカメラ、3.0インチIPS液晶という充実した機能を搭載したスリムワンセグケータイです。フロントパネルには硬質なステンレス素材を使用、併せて液晶面には強化ガラスも採用し、10.9mmという薄さを実現しています。

2.「大人のアクセサリー」を意識したスタイリッシュなデザイン
ステンレス素材を使用し、薄さを実現したフロントパネルは、「スピンフィニッシュ」を施すことで、光や見る角度によって輝きが変化する深みのあるデザインとなっています。また、先端の金属調パーツとの境に配した「スリットイルミネーション」もデザインにアクセントを加えています。
さらに時計の文字盤をイメージしたキーデザインについても、キーエリアやフォントサイズを大きく配置することで、視認性はもちろん、クリック感にも配慮した押しやすいキーになっています。

3.薄さの中に「使える」充実機能を凝縮
ワンセグ、おサイフケータイ®、3.2メガカメラ、3.0インチIPS液晶という機能のほかにも、待受画面からそのまま文字入力ができる「すぐ文字」、漢字を調べる時に便利な「漢字チェック機能」など使いやすさを実感していただける機能も搭載しています。さらに、プライベート、ビジネスを問わず、便利に使える機能として、新たにワンタッチで2つのメニュー画面が切り替え可能となるオリジナル機能の「セカンドメニュー」を搭載。そのほか、「名刺リーダー」、情報漏洩予防に役立つ「プライバシー設定」、メール受信時など様々なさまざまシーンでピクトエリアに情報をスクロール表示する「ピクトインフォメーション」などを新たに搭載しました。

■K002の主な仕様
サイズ(mm)幅×高さ×奥行き 約50×110×10.9(最厚部 約13.5mm)
重さ(電池パック含む) 約117g
連続通話時間 約250分
連続待受時間 約320時間
ディスプレイ 3.0インチ26万色IPS液晶 240×400ドット(ワイドQVGA)
カメラ 有効画素数約320万画素CMOS、オートフォーカス付
データフォルダ容量 約85MBまたは1000件
外部メモリ microSD™/microSDHC™メモリカード(別売:最大16GBまで)
※連続通話時間および連続待受時間は、au携帯電話の電波を安定した状態で十分に受けている場合の平均的な利用時間です。実際のご利用になる地域や使用状況などにより、短くなります。また、通話と待受を組み合わせると、それぞれの利用時間は短くなります。連続通話時間および連続待受時間は、本リリース作成時であり、KDDIグループ各社のシステムの仕様変更等により、予告なく変更される場合があります。※「おサイフケータイ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。※「Suica」「モバイルSuica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。※「PCドキュメントビューアー」はPicsel Technologiesにより実現しています。※microSD™およびmicroSDHC™ はSDアソシエーションの商標です。※DBEX™は、DiMAGIC社の商標です。※本資料の中のその他の商標は、各社の商標もしくは登録商標です。



参考:K002主な機能詳細
I.スリムボディに搭載した充実のスペック
1. ワンセグ搭載
画質設定を「オート」に設定すると、見ている番組に最も適した画質モードに自動で切り替わります。また、下記の録画、再生機能にも対応しています。
バックグラウンド録画/タイムシフト再生/予約録画/本体録画/外部メモリ録画/DBEX™対応

2. 3.2メガカメラ搭載
待受画面からの上キーを長押しするだけで、すぐにカメラが起動します。3メガサイズに加え、フルハイビジョンTVでも上下左右切れることなく再生できる2メガワイドサイズにも対応しています。

3. 3.0インチ液晶搭載
視野角が広く美しいIPS液晶を搭載。液晶の傷つきを防止する強化ガラスを採用していますので、長くきれいにお使いいただけます。

4. おサイフケータイ®対応
あらかじめモバイルSuicaアプリをプリインストールしています。

II. 使いやすさに配慮した機能 
1. ピクトインフォメーション【新】
メール受信時にピクトエリアで差出人や件名・本文の一部をスクロール表示したり、緊急地震速報が出たときの情報表示や、au Music Player再生中などにアーティスト名や曲名を表示します。

2. 漢字チェック機能【オリジナル機能】
漢字を調べるときに便利な機能です。文字を拡大しても滑らかな文字が表示できるので、見やすく確認ができます。

3. すぐ文字【オリジナル機能】
待受画面からそのまま文字入力ができる「すぐ文字」機能を搭載。新たにau oneキーワード検索に接続して入力文字の意味を調べる「キーワード検索」やアドレス帳にそのまま名前登録ができる「アドレス帳登録(名前)」、受信/送信ボックスから、本文・件名・アドレス・フリー検索での検索ができる「Eメール検索」ができるようなりました。

Eメール
検索画面

 Eメール検索画面:1 画像: 矢印 右  Eメール検索画面:2 画像: 矢印 右  Eメール検索画面:3
待受画面から
文字入力と電話
番号入力を同時
表示
入力した文字
との連携機能
で「Eメール検
索」を選択
受信/送信ボック
スと検索方法を
選択して、検索結
果を表示

4. その他のオリジナル機能
自動マナー/長持ちモード/ワンタッチ文字サイズ切替/ペタメモ/グラフィックメモ/待受アルバムに対応。

III.プライベート、ビジネス両方のシーンで使える便利な機能
1. セカンドメニュー【新
通常メニュー画面からワンタッチで切り替えが可能な、セカンドメニューに対応。シーンに合わせて便利に使うことができます。
※初期設定では、セカンドメニューには、ビジネスで使える便利な機能をまとめた、ビジネスメニューが設定されています。

通常メニュー
写真:通常メニュー画面 画像:矢印 左右 写真: セカンドメニュー画面
セカンドメニュー

2. PCドキュメントビューアー【新】
スムーズな拡大・縮小でPCファイルの閲覧ができます。
※添付ファイルの受信には、別途パケット通信料がかかります。
※ファイル内容によってはPCなどで表示される内容と一部異なったり、表示できない場合があります。


3. 名刺リーダー搭載【新】
受け取った名刺をカメラで読み取り、アドレス帳に登録できます。縦書き名刺、英語名刺にも対応し、アドレス帳にない項目もメモ帳に登録できます。

4. ストップウォッチ【新】
ラップタイム測定にも対応した、ストップウォッチを搭載。プレゼンテーション時間の測定など、ビジネスシーンでも便利に使えます。

5. プライバシー設定【新】
設定したEメールアドレスからのメール受信のお知らせや履歴を非表示にして、大切な情報の漏洩を防止します。
表示対応:メール・履歴非表示/着信ランプ非点灯/受信音非鳴動/通知画面非表示

6. その他セキュリティ機能
「とじるとロック」「オートロック」機能を搭載し、セキュリティ機能も充実しています。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ