ニュースリリース

2009年

2009年08月07日

京セラグループ、夏の涼しいエコ活動

全長約300mの『グリーンカーテン』が生育中

2009年08月07日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラグループでは、エコ活動のひとつとして、建屋の一部の外壁で「朝顔」や「ゴーヤ」などを植栽する『グリーンカーテン』を国内の工場・事業所合計12拠点において生育しています。これは、光合成によってCO2の吸収を図るとともに、夏の強い日差しが窓を通して執務室へ入り込むのを遮り、空調負荷の低減などに貢献するものです。
省エネ活動や温暖化対策の一環として、2007年から京セラ長野岡谷工場が開始し、昨年からは国内グループにこの活動を広げています。本年は実施拠点を新たに4拠点加え、全国12拠点での実施となりました。
本年、京セラグループで実施するグリーンカーテンを合計すると全長294m、面積にしておよそ775m²になります。これらのグリーンカーテンが成長と共に吸収する二酸化炭素は概算で2,713kg-CO2/年¹となり、杉の木約194本分²の植樹に相当する効果があると試算されます。
※1:CO2吸収量(3.5kg)×緑のカーテンの面積(m2)=年間CO2吸収量(kg-CO2/年) (出展:(社)農山漁村文化協会)
※2:杉の木1本が1年間に吸収するCO2の量を14kgとする (出展:林野庁)

■グリーンカーテンが成長する様子(京セラ鹿児島川内工場にて)
写真:グリーンカーテンが成長する様子 6月15日
6月15日
写真:グリーンカーテンが成長する様子 6月29日
6月29日
写真:グリーンカーテンが成長する様子 7月6日
7月6日
写真:グリーンカーテンが成長する様子 7月13日
7月13日
写真:グリーンカーテンが成長する様子 7月21日
7月21日
写真:グリーンカーテンが成長する様子 7月24日
7月24日

グリーンカーテンが夏の強い日差しを遮断してくれることを利用して、京セラ長野岡谷工場や滋賀蒲生工場では、午前中、執務室の空調を切るなど省エネ活動に役立てています。
また、窓を覆うまでに成長した一面緑色のカーテンには、リラクセーション効果もあると、各拠点では社員だけでなくお客様にも話題となっています。
グリーンカーテンを身近なエコ活動と感じて、自宅でも同様の取り組みを実施する社員も増えています。
写真:岡谷工場のグリーンカーテン
京セラ長野岡谷工場の全長140mにおよぶグリーンカーテン
3棟の南側一面をグリーンカーテンが覆う(写真は一部)



【ご参考】


■各拠点の取り組み内容について
No.

工場

全長

高さ

植物

1

京セラ福島棚倉工場

13m

約3m

朝顔(21株)

2

京セラ長野岡谷工場

140m

約2m

朝顔(全体の2/3)、ささげ(全体の1/3)、
ゴーヤ(6株)、ローズジャイアント(6株)

3

京セラ滋賀蒲生工場

両工場で
44m

約2〜3m

ゴーヤ(58株)

4

京セラ滋賀八日市工場

約2〜3m

ゴーヤ(70株)

5

京セラ京都伏見事業所

4m

約2m

ゴーヤ(2株)

6

京セラ中央研究所

18m

約3m

ゴーヤ(36株)、ムベ(10株)、朝顔(41株)

7

京セラ鹿児島川内工場

22m

約8m(1ヶ所)/
約3m(2ヶ所)

ゴーヤ(60株)

8

京セラ鹿児島国分工場

21m

約4m

ゴーヤ(47株)

9

京セラミタ玉城工場

15m

約5m

ゴーヤ(23株)

10

京セラケミカル川崎工場

3m

約4m

ゴーヤ(16株)

11

京セラケミカル真岡工場

3m

約3m

ゴーヤ(10株)

12

京セラキンセキ八日市事業所

11m

約2〜3m

ゴーヤ(34株)


■グリーンカーテンによる外壁表面温度の上昇抑制効果
京セラ鹿児島川内工場にて、緑化(グリーンカーテン植栽)エリアと非緑化エリアの外壁表面温度を「サーモグラフィ」を用いて計測したところ、結果、最大温度差が約15℃となり、グリーンカーテンが外壁表面温度の上昇抑制に効果を発揮することを確認しました。

測定日時:2009年8月3日(月)9:20頃 晴れ 気温32.2度 / 測定機器:赤外線サーモグラフィ
写真:赤外線サーモグラフィを用いて計測した外壁表面の温度 グラフ:緑化(グリーンカーテン植栽)エリアと非緑化エリアの外壁表面温度

■育てた「ゴーヤ」で夏バテ防止
成長した「ゴーヤ」や「ささげ」などの実は、従業員が都度収穫をしています。多くの拠点では、社員食堂で調理し、昼食の特別メニューとして従業員に提供しており、社員の夏バテ防止にも役立てるなど、収穫も従業員の楽しみのひとつとなっています。

京セラ鹿児島川内工場での様子
写真:「ゴーヤ」の収穫
「ゴーヤ」の収穫
写真:ゴーヤを社員食堂に提供
社員食堂へ提供
写真:夏バテ防止メニューのゴーヤチャンプルー
夏バテ防止メニュー
(ゴーヤチャンプルー)

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境·社会活動の最新ニュース

このページのお問い合わせ