ニュースリリース

2009年

2009年09月24日

光通信の大容量伝送を実現する波長分割多重方式(WDM※1)に使用される波長可変
レーザモジュール向け

業界初、波長の温度特性が任意に選択可能な
「水晶エタロンフィルタ」を開発

2009年09月24日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社
京セラキンセキ株式会社

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫、以下京セラ)の100%子会社で水晶デバイスの開発製造会社である京セラキンセキ株式会社(社長:岸本 勲夫、以下京セラキンセキ)は、光通信の大容量伝送システムにおいて、過密な光波長の相互干渉を防止するため、異なる複数の光波長のズレを感知する部品「水晶エタロンフィルタ」を開発しました。
本開発品は、業界で初めて、波長の温度特性を5.4〜15.7pm/℃※2の間で要望に応じて任意の値を選択できる「水晶エタロンフィルタ」です。京セラキンセキは、本年10月1日より、2種類の温度特性(5.4pm/℃と15.7pm/℃)のサンプル対応を開始し、販売は京セラが行います。

エタロンフィルタは、光通信の大容量伝送システムに必要不可欠な、電気信号を光信号に変換して発振する基幹部品"波長可変レーザモジュール"において、光波長が安定して発振されているかをモニタする部品です。

近年、インターネットの急激な普及と動画をはじめとした大容量データの送受信など、飛躍的な情報量の増大に伴い、光通信ではさらなる情報の大容量化と高速伝送化が求められており、これらを実現する方法として、1本の光ファイバでより多くの光信号(情報量)が伝送できるWDM伝送システムが主流となってきています。"波長可変レーザモジュール"は、光信号をさらに増加させるために、さまざまな設計によって開発されており、それに伴い、波長の温度特性が小さいものから大きいものまで、各設計に合わせて最適な温度特性を持つ水晶エタロンフィルタが求められています。

写真:水晶エタロンフィルタ
水晶エタロンフィルタ

このたびの新製品は、京セラキンセキが持つ高度な評価技術、長年にわたって蓄積した光学特性データ、高品位・高品質人工水晶の育成技術等により実現したもので、業界で初めて、波長の温度特性を5.4〜15.7pm/℃までの任意の数値に設計できる「水晶エタロンフィルタ」です。
本開発品により、発振する光信号を増加させた"波長可変レーザモジュール"の設計自由度を高めるとともに、高精度化と高い波長安定性、信頼性に貢献いたします。
京セラキンセキは、材料育成から設計、加工、コーティング、および特性評価までを自社で行う一貫した生産体制を持っており、本製品の開発を機に今後、光通信関連分野への部品供給を強化し、光通信ネットワークの進歩・発展に貢献してまいります。

※1: WDM:Wavelength Division Multiplexing。波長分割多重方式の略で、光ファイバを利用する通信技術の一つ。異なる波長の光信号を同時に利用することで、高速で大容量のデータ通信を可能とする。
※2:pm/℃=10-12 メートル/℃


京セラは、本年10月6日(火)から10月10日(土)まで幕張メッセにて開催される「CEATEC JAPAN 2009」に本製品を出品いたします。

■開発成功のポイント
1. 高度な評価技術
水晶エタロンフィルタの波長は、サブpm(1×10-12 メートル以下)レベルの波長測定精度が求められるため、高い製品評価技術を有しているかが大変重要となります。今回、京セラグループにおける光通信部品のノウハウを活かし、独自の高精度測定技術の開発に成功。この技術を使い、特性検証・評価を行うことで精度の高い製品開発を実現しました。

2. 材料特性を活かした生産体制
水晶育成から設計・加工、コーティングおよび特性評価までの一貫した生産体制により、高品質な製品を安定供給いたします。

3. 光学特性データの蓄積
人工水晶の光学特性データを長年蓄積してきたことにより、水晶が持つ温度特性を活かした製品開発ができました。

4. 長年培ってきた高品位・高品質人工水晶の育成
約50年にわたり培ってきた人工水晶の育成技術により、高品位・高品質の原材料(人工水晶)を用いることができ、製品の光学特性の精度を高めました。

■製品概要・仕様

名称

水晶エタロンフィルタ

特長

・業界初、波長の温度特性を5.4〜15.7pm/℃の間で任意に選択が可能

主な性能

  • 材質 :水晶
  • 外形サイズ :>1mm角
  • 適応波長 :1,520〜1,620nm
  • 温度特性 :5.4〜15.7pm/℃
  • FSR :50/100GHz
  • 消光比、反射率 :カスタム
  • サンプル対応

    ・2009年10月1日より
    ・波長の温度特性が大きいタイプ(15.7pm/℃)と小さいタイプ(5.4pm/℃)の2種類を用意。
    ※ご要望に応じた温度特性のサンプルも提供いたします。

    生産工場

    京セラキンセキ北海道株式会社

    ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

    部品·デバイスの最新ニュース

    このページのお問い合わせ