ニュースリリース

2009年

2009年11月19日

幻想的な「積雪の光の森」と巨大クリスマスツリーが登場

第12回京セラ本社イルミネーションの点灯について

2009年11月19日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、京都市伏見区に本社を移転した1998年から、CSR活動の一環として、地域の皆さまをはじめ多くの方々にお楽しみいただけるよう、年の瀬の恒例として夜間のイルミネーションを毎年開催しています。
本年も、11月27日(金)から12月31日(木)までの35日間、本社ビルの前庭(公開空地)において、LEDライト等を用い「積雪の光の森」と題したイルミネーションの点灯を行います。また、12月15日(火)から25日(金)までの11日間は、20階建て京セラ本社ビルの壁面に、各階室内照明を活かしてもみの木をかたどった、高さ約86mの巨大クリスマスツリーが登場いたします。
また、イルミネーション点灯初日となる11月27日(金)から12月25日(金)までは、前庭の時計台よりあたたかなオルゴールの音色でクリスマスソングを流し※1、幻想的なイルミネーションをより一層盛り上げる演出をおこないます。
※1クリスマスソングは全14曲。17:30〜21:00の間に流します。

なお、京セラでは、イルミネーションの取り付け作業の一部や期間中の駐車場誘導を当社社員でおこなうなど、『手づくり』でイルミネーションを提供いたします。

写真:昨年の京セラ本社前庭(公開空地)のイルミネーション(本年は11月27日〜12月31日に実施)(1) 写真:昨年の京セラ本社ビルの巨大クリスマスツリー(本年は12月15日〜12月25日に実施)
昨年の京セラ本社ビルの巨大クリスマスツリー
(本年は12月15日〜12月25日に実施)
写真:昨年の京セラ本社前庭(公開空地)のイルミネーション(本年は11月27日〜12月31日に実施)(2)
昨年の京セラ本社前庭(公開空地)のイルミネーション
(本年は11月27日〜12月31日に実施)


昨年の京セラ本社イルミネーションの様子を
動画でご覧いただけます。
画像:イルミネーション動画サムネイル
Windows Media Player形式(wmv:3.55MB)
Real Player形式(rm:3.83MB)



■イルミネーション「積雪の光の森」概要
本社ビルおよび本社ビルの前庭(公開空地)全体をイルミネーションエリアとし、「積雪の光の森」と題して開催します。使用する総電球数は約187,000個で、電球のほとんどにLEDライト※2を採用。公開空地のケヤキやサザンカ、しだれ桜、ハナミズキ、そして低木のサツキや芝にも電飾を施し、4色(青・白・緑・オレンジ)のイルミネーションカラーで、幻想的な光の空間を創りあげます。
※2省エネを考慮したもので、消費電力は通常の白熱灯の約4分の1です。

■本社ビルの巨大クリスマスツリー概要
20階建ての本社ビル(ビルの高さ95m)東西壁面(両面)において、3階フロアから20階までの各階室内照明を活かし、もみの木をかたどった巨大なクリスマスツリーが登場します。アクセントとして約120個(東西約60個ずつ)のフラッシュランプをツリーの縁に沿って飾り、赤や緑の星型のネオンをあしらうほか、「Merry X'mas」のサインなどを用いて、クリスマスを演出します。

点灯期間

2009年11月27日(金)〜12月31日(木)までの35日間
(本社ビルのクリスマスツリーは12月15日(火)〜12月25日(金)までの11日間)

点灯時間

17:30頃〜23:00頃まで(12月31日は21:00頃まで)

本社所在地

京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地

点灯場所

京セラ本社ビルおよび本社正面の公開空地

駐車場

駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用下さい。
ただし、2009年11月27日〜12月23日までの土日祝日、および12月24、25日は京セラ本社ビル北側「パルスプラザ」の駐車場をご利用いただけます。(100台程度)
駐車場につきましては、21:45に閉門いたしますのでご注意願います。



■期間中の特別イベント「クリスマスミニコンサート」の開催
昨年も好評をいただいたクリスマスミニコンサートを本年も開催予定です。聖母学院中学校・高等学校のハンドベル部が奏でる透き通るような音色と、コーラス部による心温まる歌声で、冬の夜のひと時をお楽しみいただきます。

日時

2009年12月22日(火)18:30〜19:30(予定)

場所

本社ビル1階ロビー(150席程度をご用意)

演奏

聖母学院中学校・高等学校 ハンドベル部およびコーラス部

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境·社会活動の最新ニュース

このページのお問い合わせ