ニュースリリース

2009年

2009年11月20日

フランス・リヨン市で開催された“ワールド・アントレプレナーシップ・フォーラム”にて

京セラ名誉会長・稲盛和夫が「世界起業家賞」を受賞

2009年11月20日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

本年11月19日(現地時間)、フランス共和国リヨン市にて、"ワールド・アントレプレナーシップ・フォーラム"が創設した「Entrepreneur for the World Award(世界起業家賞)」の授賞式が開催され、京セラ株式会社(以下京セラ)の創業者で現・名誉会長である稲盛和夫が、同賞の起業家部門を受賞いたしました。

■概要

受賞内容:

「Entrepreneur for the World Award(世界起業家賞)」起業家部門

 

 

受賞者:

京セラ株式会社名誉会長 稲盛和夫

 

 

授賞式:

日程 ) 2009年11月19日(現地時間)
場所 ) フランス共和国リヨン市
施設名 ) シテ・アンテルナショナル・ド・リヨン

 

 

受賞理由:

京セラとKDDIを設立した「起業家としての実績」、財団法人を通して活動してきた「社会貢献」、および「起業家精神を積極的に発信していること」の3つが評価されたことによります。
世界規模で起業家育成に貢献し、起業家精神を伝えるために最も相応しい人物として認められました。


写真:「世界起業家賞」を受賞した稲盛和夫(右から4番目)
「世界起業家賞」を受賞した稲盛和夫
(右から4番目)
写真:「世界起業家賞」を受賞した稲盛和夫(右から4番目)※左の写真を拡大したもの
「世界起業家賞」を受賞した稲盛和夫(右から4番目)
※左の写真を拡大したもの

■「ワールド・アントレプレナーシップ・フォーラム」について
2008年、起業家精神において欧州有数のビジネススクールであるリヨン経営大学院と、世界的な会計監査法人グループであるKPMGが創立メンバーとなり、フランスのニコラ・サルコジ大統領の後援の下、起業家精神と社会正義の世界的な発展を促すことを目的として設立された国際的な組織です。
毎年3日間にわたり開催される同フォーラムでは、世界40カ国から、起業家、社会起業家、政治指導者、学識経験者などが参加し、起業家が富と社会正義を創造する鍵となるような世界を築くための提言を行っています。このフォーラムの主要プログラムのひとつが、「世界起業家賞」授賞式です。

■「世界起業家賞」について
昨年、同フォーラムにより創設された「世界起業家賞」は、起業家精神ならびに社会正義を支持する人物に、その行動を称えて与えられる国際賞です。
同フォーラムは、『富と社会正義を創造する起業家は、大胆さ・野心・現実主義といった資質を備え、世界の諸問題を解決するための方法を描き、実践する上でのキー・パーソンとなる』ことを信念とし、これを伝えるために最も相応しい人物に同賞を授与しています。
昨年の第1回「世界起業家賞」は、ロジテック社創立者のダニエル・ボレル氏が受賞されました。第2回となる本年は、起業家、社会起業家、政治家、専門家の4部門が設けられ、起業家部門で稲盛和夫、社会起業家部門でファズレ・ハサン・アベッド博士、政治家部門でアイルランド元大統領のメアリー・ロビンソン氏、専門家部門でバート・トゥオールフホーベン博士が受賞しました。

ワールド・アントレプレナーシップ・フォーラム公式サイト:
www.world-entrepreneurship-forum.com外部サイト

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

その他(イベント等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ