ニュースリリース

2010年

2010年01月26日

九州最大級の九州電力メガソーラー発電所向けに

京セラ製多結晶太陽電池モジュール3MW分を供給

2010年01月26日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、九州電力株式会社が新設し、2010年11月より運転開始予定の「メガソーラー大牟田発電所」(福岡県大牟田市)へ、西日本プラント工業株式会社が納入する太陽電池モジュール3MW分を供給しますのでお知らせいたします。本件は、九州最大級のメガソーラー案件となります。
同発電所建設予定地(敷地面積約80,000m2)には、本年4月から順次、太陽電池モジュールが設置される予定です。本システム稼働時の年間発電電力量(約320万kWh)は、一般家庭の昼間の年間消費電力量に換算すると約2,200世帯分に相当し、年間で約1,200tのCO2排出を抑制できる見込みです。


写真:メガソーラー大牟田発電所の完成イメージ
メガソーラー大牟田発電所の完成イメージ


京セラは中部国際空港セントレア(240kW)、100箇所以上のイオン株式会社のショッピングセンター(設置合計約8.7MW)など、国内の公共・産業施設において数多くの設置導入実績を有し、その累積設置容量シェアは国内第1位を誇ります。さまざまなシステムを手がけてきた経験の中で、京セラは高い設計能力と豊富な設置シミュレーション、多彩な施工方法を蓄積しており、高性能・高品質を備えた製品を安定供給できる能力を評価されています。
特にメガソーラーにおいては、国内の先駆けとして、2005年に東京都水道局朝霞浄水場(埼玉県)の1.2MWシステム向けに太陽電池モジュールを納入したほか、海外においても2009年末までにスペイン国内3箇所の太陽光発電所向けに、合計53.1MW分の太陽電池モジュールを供給した実績を有しています。
京セラは、1982年に多結晶シリコン型太陽電池の量産を開始して以来、原料調達からモジュール組み立てまでの一貫生産体制により、徹底して太陽電池の品質を追求してきました。
国内では現在、電力各社が2020年度までに全国約30箇所で「メガソーラー発電所」を建設する計画(合計約140MW)を発表しており、今後も高まる国内公共・産業用太陽光発電システムの導入機運に対して、長年の事業展開で培った施工ノウハウや提案力を発揮するとともに、高性能多結晶太陽電池モジュールの安定供給を果たしていくことで、地球温暖化防止への貢献にも努めていきます。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ