ニュースリリース

2010年

2010年03月02日

2012年度1GW生産と世界市場へのさらなる展開

太陽電池セルの生産計画と販売体制の強化について

2010年03月02日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、世界規模で拡大する太陽電池の需要に対応するため、太陽電池セルの増産をおこなうとともに販売体制の強化を図ってまいります。

■太陽電池セル生産計画
当社はこのたび、従来公表しておりました生産計画について、2010年度550MWを600MWに、2011年度650MWを800MWに上方修正いたします。そして3年後の2012年度には、本年度生産予定量(400MW)の2.5倍となる1GWの生産をめざしてまいります。なお、太陽電池セルの生産は、滋賀八日市工場(滋賀県東近江市)と滋賀県野洲市の新工場の2拠点で行います。

時期 旧生産計画 新生産計画
2010年度 550MW 600MW
2011年度 650MW 800MW
2012年度 1GW
(1,000MW)

グラフ:太陽電池セル生産計画

■販路の拡充について
今後も拡大する太陽電池市場に対応するため、当社では、販売体制の強化を図ってまいります。とくに国内の住宅用においては、各種の補助政策により市場が拡大する中、京セラは業界で唯一の独自販売網“京セラソーラーフランチャイズ店”を展開しています。現在の87店舗※1から2010年春に100店舗へ、さらに2011年3月までに150店舗をめざして拡充してまいります。
なお、海外においては、欧州ならびに米国の販売代理店を、2010年の春にそれぞれ100社規模へと拡充してまいります。
※1:2010年3月2日現在の店舗数

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ