ニュースリリース

2010年

2010年04月20日

低抵抗と優れた耐欠損性を両立し生産性向上に貢献する

高能率フェースミル「MFPN型カッタ」の発売

2010年04月20日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、金属加工時の平面削りに用いられるフェースミルの新製品として、高能率加工を実現する「MFPN型カッタ」と新PVDコーティングチップを4月21日より発売しますのでお知らせいたします。
このたびの新製品は、モノづくりの現場で求められる優れた生産性と経済性を実現するため、切削工具において、切削抵抗の低減と高い耐欠損性を両立し、安定加工・長寿命加工を可能にする新型カッタとチップです。

本製品は、5角形のチップが両面合わせて10コーナ使用できる経済性の高い形状となっていることに加え、ホルダに装着した際に2面拘束でしっかり固定し、安定加工を可能にする構造となっています。また、ビビリの発生を抑制するヘリカル切刃構造、切削時の衝撃負荷を低減するダブルエッジ構造の採用などにより、高能率加工を実現する製品としました。チップには、3種類のブレーカ形状と2種類の材種を用意することで、幅広い加工に対応することができます。

このたびの製品投入により、当社製品のラインアップの強化をはかるとともに、さらなる生産性の向上に貢献してまいります。

写真:高能率フェースミル「MFPN型カッタ」と「チップ」
高能率フェースミル「MFPN型カッタ」と「チップ」


■製品の特長
1.高い経済性を追求した5角形/10コーナチップの
荒・汎用カッタ

新製品「MFPN型カッタ」は5角形両面仕様の10コーナチップを採用。1コーナ当たりのコストを低減することができるため経済的です。
さらに、主切刃に対面する2面拘束式を用いることで優れた安定性を実現しています。

2.ヘリカル切刃構造により低抵抗を実現しビビリを抑制
ビビリとは切削抵抗が高いことなどで生じる振動現象のことです。ビビリが発生することにより、加工精度の低下や工具破損などの不具合が発生しやすくなります。
新製品「MFPN型カッタ」は、チップ切刃をヘリカル切刃構造にすることで低抵抗を実現し、ビビリを抑制しています。

写真:高能率フェースミル「MFPN型カッタ」と「チップ」


3.ダブルエッジ構造でチップの
欠損を抑制

チップの欠損を抑制するため、第1主切刃(α°角部)で切りくずをうすく生成してから第2切刃(β°角部)で切削を行うことができるダブルエッジ構造を採用。
これにより衝撃負荷を低減するとともに、刃の抜け際で発生する振動を大幅に削減しました。

写真:高能率フェースミル「MFPN型カッタ」と「チップ」

4.3次元ブレーカで切りくず処理改善
汎用のGMブレーカ、低抵抗用のSMブレーカ、重切削用のGHブレーカの3種類の3次元チップブレーカをそろえ、幅広い加工条件に対応。スムーズな切りくず排出を実現し、切りくずのかみ込みを抑制しています。

5.MEGACOAT(メガコート)で長寿命
京セラ独自のPVDコーティング法であるMEGACOAT(メガコート)によるチップ表面に施された高硬度と高い耐酸化性のコーティング膜によって耐摩耗性において特に優れた特性を発揮、長寿命かつ高速加工を実現しました。

※PVDコーティング:電気・熱エネルギーなどで溶融・イオン化し、物理的に母材表面に硬質被膜を施すコーティング方法(*PVD:Physical Vapor Deposition 物理蒸着法)


■商品概要

製品名

MFPN型カッタ

ホルダ型番数

39型番

カッタの仕様

コースピッチ

クロスピッチ

エキストラクロスピッチ

加工用途

  • 鋼や合金鋼の加工(ビビリ易い時)
  • ランニングコストを重視する時
  • ステンレス加工(ビビリ易い時)
  • 鋳鉄加工
    (ap=4mm以上 fz=0.35mm/t以上)

・鋼や合金鋼の加工
・ステンレス加工

・鋳鉄加工(加工能率を向上したい時)

生産拠点

滋賀県八日市工場

発売日

2010年4月21日

価格帯

53,000円~231,800円(希望小売価格・消費税別)

販売目標

5億円(初年度)


■チップ概要

型番

PNMU 1205ANER-GM

PNMU 1205ANER-SM

PNMU 1205ANER-GH

チップ型番数

6型番

ブレーカ仕様

GMブレーカ

SMブレーカ

GHブレーカ

加工用途

汎用

低抵抗型

刃先強化型(重切削用)

生産拠点

鹿児島川内工場

発売日

2010年4月21日

価格帯

1,750円(希望小売価格・消費税別)・1コーナあたり175円

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

部品·デバイスの最新ニュース

このページのお問い合わせ