ニュースリリース

2010年

2010年05月13日

高品質な施工を実現する独自の “京セラソーラー施工士”を養成

住宅用太陽光発電システム施工研修 西日本地区で開始

2010年05月13日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社の100%子会社である株式会社京セラソーラーコーポレーション(社長:財部 行廣、以下 KSC)は、需要が拡大する国内住宅用太陽光発電市場において、京セラ製住宅用太陽光発電システムを施工する優れた技術者を養成するため、このたび西日本地区における「京セラソーラー施工士」の実技研修を開始いたします。今後は、かねてより同研修をおこなっている千葉県佐倉市の佐倉ソーラーセンターと併せ、2拠点で実施してまいります。
西日本地区での実技研修は、2009年5月に業務提携したイオン株式会社のグループ会社である、イオンディライト株式会社の研究・研修施設「イオンディライトアカデミーながはま」(滋賀県長浜市)を会場とし、従来同様、西日本でも毎月2?3回開講いたします。これにより、現在約350名規模の「京セラソーラー施工士」を、今年度末までに1,000名規模まで拡充していく予定です。

写真: 佐倉ソーラーセンターでの施工研修の様子
佐倉ソーラーセンターでの施工研修の様子
 
写真: 現場での施工風景
現場での施工風景

■京セラソーラー施工士とは
KSCでは、1997年より住宅用太陽光発電システムの設計業務や施工管理、施工作業を行う業者に向けて研修を実施しておりましたが、2008年1月より「京セラソーラー施工士認定制度」を導入し、住宅用太陽光発電システムの施工に関連するより専門的な技術・技能および知識を有する『施工のスペシャリスト』を養成しています。「京セラソーラー施工士」は、KSCが独自に行う「基礎セミナー」受講後に3日間の「専門技術セミナー」を受講した方のうち、筆記試験に合格し、かつ1年以内に現場での施工を3件以上経験された方を認定しており、施工現場で管理・監督業務を遂行しています。

■西日本における施工研修開始の背景
2009年は、国の補助金制度導入や余剰電力の買取価格が倍額になったことなどにより、住宅用太陽光発電システムの国内向け出荷量(出力ベース)は前年比約2.3倍となっています。このような背景から、自宅に住宅用太陽光発電システムを設置するお客様が急増してきました。
施工においては、ユーザーが安全で安心できる品質の確保が基本であり、システムの性能を最大限引き出すだけでなく、長い間システムをお使いいただくための「品質の徹底」がより一層重要になっています。
京セラでは独自の研修制度を設けて「施工品質」を重要視しながら施工士を養成してまいりましたが、活発化する市況を受けて、工務店をはじめとする各種業者から「太陽光発電システムの施工をしたいので研修を受講したい」との要望が全国から数多く寄せられていました。このようなリクエストに応えるために、研修の回数を増やすことや、地理的な利便性を確保できる西日本エリアでの施工研修が急務であると考え、このたびの開講に至りました。

※ 出典 太陽光発電協会(JPEA)

■研修概要
 会場  イオンディライトアカデミーながはま
滋賀県長浜市田村町字仙堂前1199番
敷地面積 : 5,287m2
延床面積 : 2,131m2
 回数  月2?3回 (1回あたり3日間)
 定員  20名/回
 費用  有料
 内容
  • 座学による基礎知識の研修
  • 各種金具取り付けの実技研修
  • 京セラ製太陽光発電システムの屋根設置の実技研修
  • 電気配線の実技研修
  • 筆記試験
  写真:イオンディライトアカデミーながはま外観
イオンディライトアカデミーながはま外観

■「イオンディライトアカデミーながはま」について
「イオンディライトアカデミーながはま」は、本年2月にイオンディライト株式会社が長浜サイエンスパーク(滋賀県長浜市)内にメンテナンス業の産業化を実現する人材の育成を目的として設立した研究・研修施設であります。実際の高さで太陽光パネルの設置訓練を行うことができるソーラー研修棟や、食品売場を想定した総合訓練を行うことができるスーパーマーケットゾーンなどの実践型研修設備を備えています。さらに、大学や学術研究機関との連携により、様々なサービス研究開発なども進めていきます。
また、地域に根ざした取り組みとして近隣の小中学校生徒を招いた体験学習の実施を予定しているほか、太陽光発電システムやLED照明など、地球環境に配慮した設備が導入されています。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ