ニュースリリース

2010年

2010年05月25日

東南アジア最大級の太陽光発電施設完成

京セラ製太陽電池6MWをタイの大規模太陽光発電施設へ供給

2010年05月25日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳徹夫)は、タイ王国の発電事業者であるソーラー・パワー社(本社:バンコク、社長:ワンディー・クンチョーンヤコン)に向けて、東南アジア最大級となるタイの太陽光発電施設(タイ・コラート地方)に6MW分、約29,000枚の太陽電池モジュールを供給しました。
タイ国内において、メガワット級の大規模案件に日本メーカーの太陽電池モジュールが採用されたのは京セラが初めてとなります。このたびの納入は、スペインの大規模太陽光発電施設に合計50MW以上の太陽電池モジュールを供給した実績を有する当社製太陽電池の高い品質と安定した製品供給能力などを評価いただいたことによるものです。
なお、同施設の年間発電電力量(予測)は、タイ国内の一般住宅約5,000戸※1分の年間消費電力量に相当し、年間で約4,500トン(予定)のCO2削減が見込まれています。この発電電力は、周辺地域の住宅などで使用される予定です。


写真:京セラ製太陽電池が供給された太陽光発電施設(タイ・コラート地方)
京セラ製太陽電池が供給された太陽光発電施設(タイ・コラート地方)

タイは、エネルギー輸入への依存を減らすため、代替エネルギーの導入や省エネ製品の利用促進に取り組んでいます。中でも代替エネルギーの一つであるソーラーエネルギーにおいては、タイ政府が"2022年までに500MW導入する"という計画を掲げているほか、2007年に電力買い取り制度(フィード・イン・タリフ)が開始されたこと、さらに年間通じて日射量が多く太陽光発電の利用に適した地域であることから、今後の利用拡大が見込まれています。
同国で稼動している太陽光発電施設は、2007年末時点で合計約32MW※2となりますが、今後は、太陽光発電導入に恵まれた環境や導入政策によって、タイにおいてもさらにメガワット級の太陽光発電施設の建設計画が進んでいくものと期待されています。
京セラは、今後も、品質ならびに信頼性の高い太陽電池を生産し、世界に向けて安定供給していくことで、エネルギー問題の解決に貢献できればと考えています。

※1 タイの一世帯年間平均使用電力量を1,800kWhとして算出しています。出典:Enerdata http://www.enerdata.net/ 外部サイトに移動します
※2 タイエネルギー省代替エネルギー開発・エネルギー保全局HP(http://www.dede.go.th/dede/ 外部サイトに移動します)より。


■太陽光発電施設 概要

所在地

地図:タイ コラート地方タイ・コラート地方

コラート地方は、タイ東北部ナコンラチャシーマー県に位置し、バンコクから約250kmの距離にある高原地帯です。乾いた気候で日射量は日本の1.4倍以上あり、太陽電池の設置に適した環境です。

設置容量

合計出力:6MW
敷地面積:約128,000m2
施設面積:約100,000m2
発電量予測(年間):約9,000,000kWh(京セラ試算)

システム詳細

多結晶シリコン太陽電池 29,160枚(210W/枚)


■大規模太陽光発電施設への供給実績
大規模太陽光発電事業は、太陽電池で発電される電力を売買する新たなビジネスモデルとしてヨーロッパを中心に世界で注目されており、今後さらに増加していくと予測されています。京セラはこのようなビジネスに対し、太陽電池メーカーとして高品質な太陽電池モジュールを数多く供給してまいりました。
海外においては、スペインの3箇所(サラマンカ:13.8MW、ドゥルシネア:28.8MW、ドン・キホーテ:10.5MW)の太陽光発電施設向けに合計約50MW以上の太陽電池モジュールを供給しているほか、このたびの東南アジア最大の発電施設などに太陽電池モジュールを供給しています。
また、国内においては電力各社が建設を進めるメガソーラー発電所のうち、東京電力の(仮称)扇島太陽光発電所に13MW、九州電力のメガソーラー大牟田発電所に3MW、四国電力の松山太陽光発電所に1.7MWの採用が決定しました。
京セラは、1975年に太陽電池の研究開発を開始して以来、徹底して太陽電池の品質を追求してきました。今後も世界中で拡大基調にある太陽電池市場に向けて、信頼性の高い製品の供給をおこなってまいります。

<ご参考>ソーラー・パワー社 概要
社名

Solar Power Holdings Company Ltd.

所在地

タイ王国 バンコク市

代表者名

ワンディー・クンチョーンヤコン(Wandee Khunchornyakong)

業種内容

大規模発電所の建設・運営・メンテナンスなどを一貫して手がける発電事業者

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ