ニュースリリース

2010年

2010年06月03日

太陽電池市場の拡大に対応する増産の一環

京セラ、米国での太陽電池モジュール生産を開始

2010年06月03日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、米国のグループ会社KYOCERA America, Inc.(京セラアメリカ、所在地:カリフォルニア州サンディエゴ市)の工場棟内にて、現地時間2010年6月1日より太陽電池モジュールの生産を開始しましたのでお知らせいたします。
サンディエゴ工場は、新たに太陽電池モジュールの生産設備を導入し、初年度は年産30MW規模で高出力大型太陽電池モジュールを生産いたします。これにより、バイ・アメリカン条項への対応も可能となります。
現在、京セラはすでにメキシコ・ティファナ市の工場で北米市場向け太陽電池モジュールを生産しており、今後、このたびのサンディエゴ工場と合わせて、より積極的に北米市場への展開を図ってまいります。

米国では、オバマ政権下で環境・エネルギー分野における景気対策である"グリーンニューディール政策"が展開されはじめ、連邦政府の新エネルギーに対する税制控除や、カリフォルニア州を含む37州におけるRPS(Renewable Portfolio Standard)法の導入が進んでいます。これにより、今後、米国の太陽電池市場は拡大していくと見られており、2012年度には2009年度の4倍となる2GWまで市場が成長すると見込んでいます。(京セラ予測)
当社では、バイ・アメリカン条項への着実な対応、ならびに今後のさらなる市場成長を視野に入れ、このたびの米国太陽電池モジュール生産を開始いたしました。

京セラは、2012年度に太陽電池セルの年間生産量1GWを計画しており、今後も世界の各市場のニーズを捉えた品質の高い太陽電池モジュールをタイムリーに供給することで、太陽光発電の普及と環境への貢献を図ってまいります。

※電力会社が供給する電力の一定量以上を自然エネルギーでまかなうことを義務づけた法律。

生産拠点

KYOCERA America, Inc.

所在地

8611 Balboa Avenue,
San Diego, CA 92123-1580 U.S.A.

稼動開始日

2010年6月1日(現地時間)

生産品目

多結晶シリコン型太陽電池モジュール
・60直大型太陽電池モジュール
 (235W/枚)
・54直大型太陽電池モジュール
 (210W/枚)  など

生産規模

稼動開始当初は年産30MW規模

  写真:KYOCERA America, Inc. 外観
KYOCERA America, Inc. 外観

■主な米国内での採用実績
写真:ニュージャージー州モリスタウンの廃水処理施設   写真:ニュージャージー州モリスタウンの廃水処理施設

設置場所

ニュージャージー州モリスタウンの廃水処理施設

設置規模

出力約511kW (太陽電池モジュール2,550枚)

年間発電量予測

約635,800kWh



写真:カリフォルニア州サンディエゴの
KYOCERA International, Inc. 内駐車場   写真:カリフォルニア州サンディエゴのKYOCERA International, Inc. 内駐車場

設置場所

カリフォルニア州サンディエゴのKYOCERA International, Inc. 内駐車場

設置規模

出力約235kW (太陽電池モジュール1,600枚)

年間発電量予測

約421,000kWh

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ