ニュースリリース

2010年

2010年08月19日

工場のエコ化で環境活動を推進

京セラ国内全工場に太陽光発電システムを導入

2010年08月19日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、環境活動を推進するため、2010年度国内6工場に合計593kWの当社製太陽光発電システムを導入することとしましたので、お知らせいたします。これにより、当社国内生産拠点全10工場に太陽光発電システムが設置されることとなります。
本年度に導入を計画しているのは、北海道北見工場、福島棚倉工場、長野岡谷工場、滋賀蒲生工場、滋賀野洲工場、鹿児島川内工場の6工場です。これら合計の年間予測発電量は、合計で591,000kWh(一般家庭の年間消費電力の約125世帯分※1)となり、CO2の年間予測削減量は234t(京セラドーム大阪約19.4個分の森林が吸収する量に相当※2)となる見込みです。
※1 
1世帯当たりの年間消費電力量を4,734kWhとして計算。 (出典:財団法人省エネルギーセンター「待機時消費電力調査報告書 平成20年度版」)
※2
森林1m²あたりのCO2吸収量を0.3571kgとして計算。(出典:NEDO「太陽光発電導入ガイドブック<本編>2000年改訂版」)


写真:滋賀八日市工場の太陽光発電システム(2005年導入)
滋賀八日市工場の太陽光発電システム(2005年導入)

当社は、これまで、屋上と壁面に約1,900枚の太陽電池を設置している本社ビルやソーラーエネルギーセンターのある千葉佐倉事業所など、事業所、工場、国内外関連会社の拠点に合計1,222kWの太陽光発電システムを導入し、CO2排出量の削減によって地球環境保護に貢献してまいりました。京セラは、今後も引き続き太陽電池メーカーとして積極的に太陽電池の普及に貢献していくとともに、当社グループの各拠点に積極的に太陽光発電システムの導入や増強を進め、事業活動における環境負荷の低減を推進してまいります。

■2010年度 太陽光発電システムの設置予定について

拠点

所在地

システム容量
(kW)

年間予測
発電量
(kWh)

年間予測
CO2 削減量
(t-CO2

竣工
予定時期

北海道
北見工場

北海道北見市

115

120,000

57

2010年9月

福島
棚倉工場

福島県東白川郡
棚倉町

36

30,000

13

2010年9月

長野
岡谷工場

長野県岡谷市

53

65,000

31

2010年12月

滋賀
蒲生工場

滋賀県東近江市

141

131,000

44

2010年12月

滋賀
野洲工場

滋賀県野洲市

90

83,000

28

2011年3月

鹿児島
川内工場

鹿児島県
薩摩川内市

158

162,000

61

2010年9月

合計

593

591,000

234

 

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ