ニュースリリース

2010年

2010年09月08日

京セラ美術館 第8回特別展

「ふるさとの詩 ~中村晋也、日本の心を刻む~」開催

2010年09月08日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、本年9月17日から10月30日まで(日曜日を除く)、京セラ美術館(京セラ本社ビル内1階)において、現代具象彫刻の第一人者で文化勲章を受章された中村晋也氏による彫刻作品の数々を展覧する、第8回特別展「ふるさとの詩 ~中村晋也、日本の心を刻む~」を開催いたします。
このたびの特別展では、中村晋也氏が手がけた数多の彫刻作品から、人間への温かいまなざしや詩情をテーマに日本のふるさとや心を表現した作品等、全44点を選び展覧いたします。

写真:展示 「風のうた」 写真:展示 「ふるさと」
主な出展作品 (左から)「風のうた」「ふるさと」

当社は、1998年に京都市伏見区の本社ビル内に京セラ美術館を開館し、当社が収蔵する美術品を地域の皆様に公開することを通じて、京都南部地域の振興や活性化に努めてまいりました。中国清朝時代のガラス作品"乾隆ガラス"や東山魁夷や平山郁夫らによる日本画等を常設展示しており、現在、年間約1万人の方々にご覧いただいております。
これまでに、「ピカソ347シリーズ展」(2000年)、「現代日本画展」(2000年)、「アンセル・アダムス、アメリカ大自然を撮る」(2008年)等の特別展を開催してまいりましたが、今回の特別展では、中村氏の作品を通して、高い芸術性のみならず日本的な心情や日本人の心にある原風景に触れる機会になればと考えています。
なお、中村晋也氏の作品を展覧する特別展は、2007年に開催した第6回特別展「祈り—中村晋也、内なる精神を刻む」に続き、3年ぶり2回目の開催となります。


■特別展概要
1.特別展名

京セラ美術館 第8回特別展 「ふるさとの詩 ~中村晋也、日本の心を刻む~」

2.開催場所

京セラ美術館(京セラ(株)本社1階) 住所:京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地

3.開催期間

2010年9月17日(金)~10月30日(土)※休館日は毎週日曜日

4.開館時間

午前10時~午後5時 ※初日9月17日(金)のみ午前11時開館

5.入場料

無料

6.出展作品

「子守唄」、「故郷への道」、「風のうた」、「夏祭りの夜」、「ふるさと」、
「日本の原風景~小林一茶の句に寄せて」シリーズ全21作品、
「太宰治」像、喜光寺「仁王」像など、計44作品

7.後援

京都府、京都市、鹿児島市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、
京都市内博物館施設連絡協議会、京都商工会議所、京都新聞社、KBS京都

8.協力

財団法人中村晋也美術館



■第8回特別展について
バチカン美術館に収蔵された「Miserere」(ミゼレーレ)シリーズや奈良・薬師寺に奉納された「釈迦十大弟子」像など深い精神性を持った作品で高い評価を受け、2007年に文化勲章を受章した現代具象彫刻の第一人者である中村晋也氏。その中村氏が、幼い少年や少女の姿に仮託して、多くの日本人の心の底に脈々と流れている日本的な心情や私たちの心にある原風景を形にした抒情あふれる作品群を展覧いたします。併せて、昨年太宰治の生誕100年を記念して故郷の青森県五所川原市の芦野公園に建立された「太宰治」像や、今年5月に開眼された奈良県の喜光寺「仁王」像などの大作も展示いたします。


写真:喜光寺「仁王」像
喜光寺「仁王」像




【ご参考】

中村晋也氏 年譜

1926年(大正15年)

三重県に生まれる

1966年(昭和41年)

この年より翌年までフランス留学し、アペル・フェノサ(A. FENOSA)に師事

1969年(昭和44年)

改組第1回日展に「宴の華」を委嘱出品し菊花賞を受賞

1979年(昭和54年)

「大久保利通公」像を鹿児島市甲突河畔に建立

1982年(昭和57年)

「若き薩摩の群像」 を鹿児島市鹿児島中央駅広場に建立

1984年(昭和59年)

第16回日展に「焦躁の旅路」 を出品し文部大臣賞を受賞

1988年(昭和63年)

「朝の祈り」により昭和62年度日本芸術院賞を受賞

1989年(平成元年)

日本芸術院会員に任命される

1990年(平成2年)

社団法人日展常務理事に就任

1994年(平成6年)

社団法人日本彫刻会理事長に就任

1996年(平成8年)

パリ・三越エトワール美術館にて個展
財団法人中村晋也美術館設立
バチカン美術館に作品「Miserere(ミゼレーレ) III」が収蔵される

1999年(平成11年)

崇城大学(旧熊本工業大学)の副学長(現・名誉学長)に就任

2002年(平成14年) 

文化功労者として顕彰される

2003年(平成15年)

奈良市・薬師寺大講堂に「釈迦十大弟子」像を奉納

2004年(平成16年)

愛媛県今治市今治城に「藤堂高虎公」像を建立

2006年(平成18年)

東京都立川市真如苑恒明湧祥之舎応現院に「純陀」群像を建立

2007年(平成19年)

大阪城豊国神社に「豊臣秀吉公」像を建立
薬師寺大講堂に「阿僧伽(アサンガ)菩薩」像、「伐蘇畔度(ヴァスバンドゥ)菩薩」像を奉納
文化勲章を受章

2008年(平成20年)

筑波大学より名誉博士の称号を授与される

2009年(平成21年)

パリのユネスコ本部に「蝶の人」が収蔵される
青森県五所川原市芦野公園に「太宰治」像を建立

2010年(平成22年)

三重県亀山市より名誉市民の称号を授与される
奈良県喜光寺に「仁王」像を建立

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境·社会活動の最新ニュース

このページのお問い合わせ