ニュースリリース

2011年

2011年01月11日

「京セラドーム大阪」ネーミングライツ・パートナーシップ契約の更新について

2011年01月11日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社
株式会社大阪シティドーム
京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、2006年7月から2011年3月まで、株式会社大阪シティドーム(社長:小畠 弘行)が運営する大阪ドームのネーミングライツ(施設命名権)を取得し、「京セラドーム大阪」の愛称で広く多くの方々に親しんで頂いております。
このたび、ネーミングライツ・パートナーシップの契約更新の時期を迎え、両社で協議した結果、2011年4月から2014年3月までの3年間、本契約を更新することに合意いたしましたのでお知らせいたします。
本ドームは、プロ野球や音楽イベント等を通じ、スポーツ・文化情報を世界に向けて発信しており、引き続きグローバルに京セラグループの企業イメージ向上が図れるものと考えております。

写真:京セラドーム大阪 (大阪市西区)
「京セラドーム大阪」(大阪市西区)

【ネーミングライツ・パートナーシップの基本情報】
1.  ドームの名称(愛称・通称)
日本語表記「京セラドーム大阪」  英語表記「KYOCERA DOME OSAKA」
   
2.  契約期間
2011年4月から2014年3月までの3年間

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

その他(イベント等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ