ニュースリリース

2011年

2011年03月08日

“花”や“蝶”のアクセントで目元を華やかに演出

「京都オパール」が輝くジュエリーメガネに新デザイン登場

華道家・池坊美佳氏プロデュースによる、「華道」を表現したデザイン

2011年03月08日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

福井めがね工業株式会社
京セラ株式会社
福井めがね工業株式会社(本社:福井県、社長:田畑周徳、以下福井めがね工業)は、京セラ株式会社(本社:京都府、社長:久芳徹夫、以下京セラ)の装飾用素材「京都オパール」を使用した、新デザインのジュエリーメガネ6モデル全24種を、本年3月10日(木)より順次、全国のメガネ専門店で発売いたします。
本商品は、華道家・池坊美佳氏がプロデュースするブランド『池坊美佳』のラインアップです。京セラオリジナルの「京都オパール」と、日本伝統の「飾り七宝」をアクセント素材として使用し、柔らかで上品な色使いとデザインが女性の目元を華やかに演出します。


写真:「京都オパール」をあしらった『池坊美佳』ジュエリーメガネ
「京都オパール」をあしらった『池坊美佳』ジュエリーメガネ


ブランド名 『池坊美佳』
種類 6モデル×各4種  計24種類
使用する
京都オパールの
種類
虹色(にじいろ)、甚三虹(じんざもみ)、唐紅花(からくれない)、浅葱色(あさぎいろ)、瑠璃色(るりいろ)、百塩茶(ももしおちゃ)、刈安(かりやす)、胡粉(ごふん)、露草色(つゆくさいろ)、千歳緑(ちとせみどり)、青藍(せいらん)、桜色(さくらいろ)の12色
販売価格 33,600円(税込、フレームのみ)
売上目標 年間1億円
発売日 2011年3月10日(木)より、順次、全国のメガネ専門店にて発売します。

■新商品の特長
1.  「華道」を表現した花や蝶のアクセントを
あしらったデザイン
池坊美佳氏のプロデュース第3弾のジュエリーメガネです。今回は「華道」をコンセプトに、花や蝶のデザインをフレーム部分にあしらいました。アクセントの素材には、天然オパールと同様の多彩な輝きを有することに加え、さまざまな形状に加工が可能な「京都オパール」と、その色彩を引き立たせる日本伝統の「飾り七宝」などを使用しています。

写真:花の中心に京都オパールを、花びらと葉の部分に、
花の中心に京都オパールを、花びらと葉の部分に、"飾り七宝"をあしらったデザイン
2. フレームには淡く美しいベースカラーを採用
フレームには、淡く美しい色合いをベースカラーとして採用することで、肌馴染みの良い、上品で洗練されたジュエリーメガネに仕上がっています。
写真:淡く美しいベースカラーを採用したフレーム
淡く美しいベースカラーを採用したフレーム

■商品ラインアップ

(M-1020)

写真:(M-1020)ブラウン/唐紅花
  ブラウン/唐紅花
(写真のもの)
ピンク/虹色
オレンジピンク/甚三紅
シルバー/浅葱色

(M-1021)

写真:(M-1021)ワイン/唐紅花
  ワイン/唐紅花
(写真のもの)
ベージュ/甚三紅
ブラック/瑠璃色
カーキ/百塩茶

(M-1022)

写真:(M-1022)レッド/刈安
  レッド/刈安
(写真のもの)
バイオレット/百塩茶
パープル/百塩茶
グリーン/甚三紅

(M-1023)

写真:(M-1023)ブラック/虹色
  ブラック/虹色
(写真のもの)
レッド/百塩茶
ブラウン/胡粉
グリーン/露草色

(M-1024)

写真:(M-1024)オレンジ/千歳緑
  オレンジ/千歳緑
(写真のもの)
ピンク/甚三紅
ブラウン/百塩茶
ブラック/胡粉

(M-1025)

写真:(M-1025)レッド/青藍
  レッド/青藍
(写真のもの)
オレンジ/千歳緑
パープル/桜色
ブラウン/百塩茶


<ご参考>
■福井めがね工業と京セラのコラボレーションについて
福井めがね工業は、1988年以来約20年にわたり、京セラの再結晶宝石をメガネフレームの装飾材として採用してきました。2007年、両社は『池坊美佳』の商標使用に関するライセンス契約を締結しており、『池坊美佳』ブランドのオリジナルジュエリーメガネを展開しています。2009年、福井めがね工業は、多彩な輝きを持つ京セラの「京都オパール」に着目し、同素材をジュエリーメガネのフレームに初めて採用しました。

■ブランド『池坊美佳』について
ブランド『池坊美佳』は、2007年4月、華道家・池坊美佳氏が日本の伝統文化である華道を通して育んだ「自然の調和美」と京セラの最先端技術が生んだ「再結晶宝石の美」の出逢いによって誕生した、大人の女性のためのジュエリーブランドです。「本物の美」を追求してきた二者が、伝統と最先端技術の共存する京都で共感・共鳴したことから生まれました。2007年12月からは、ジュエリーに加え、オリジナルジュエリーメガネの商品展開もおこなっています。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

キッチン用品·宝飾品の最新ニュース

このページのお問い合わせ