ニュースリリース

2011年

2011年04月15日

環境負荷の少ない、自然エネルギーを採用
ファンケルの製造拠点・滋賀工場に太陽光発電システムを設置
滋賀県最大規模!京セラの最新モジュールを国内初導入

2011年04月15日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

株式会社ファンケル
京セラ株式会社

株式会社ファンケル(本社:横浜市中区、代表取締役社長執行役員:成松義文、以下「ファンケル」)は、このたび、ファンケルグループの化粧品製造拠点であるファンケル美健滋賀工場(滋賀県蒲生郡日野町)に、滋賀県では最大規模となる371kWの太陽光発電システムを導入し、稼働を開始いたしました。

写真:ファンケル美健滋賀工場
ファンケル美健滋賀工場

同システムには、京セラ株式会社(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:久芳徹夫、以下「京セラ」)が「平成22年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(技術開発・製品部門)」を受賞した最新の高効率太陽電池モジュール「KS2381P-3CFCA」を国内初採用。年間352,765kWhの発電量を見込んでおり、発電した電力により当工場で使用する電力の約13%をまかなう予定です。なお、これにより年間約129トンのCO2の排出削減を見込んでいます。

ファンケルは、同工場を環境にやさしいエコ工場と位置付け、これまでもゼロエミッション(再資源化)活動の徹底などに取り組んでまいりましたが、太陽光発電システムの導入や液化天然ガスへの切り替えにより、製造工程においても地球環境に配慮した工場施設の実現を目指してまいります。また、従業員だけでなく、ご来訪いただく方々にも環境について関心を持っていただけるよう、工場正面に太陽電池モジュールを設置したほか、同システムによる発電電力量は工場正門脇に設置した発電モニターでリアルタイムに表示いたします。

太陽光発電システム・液化天然ガスの導入により期待する効果
 

出力

設置モジュール
枚数

年間発電量
(予測)

CO2削減量
(予測)

太陽光発電
システム

371kW

1,560枚

352,765kWh

129.1t-CO2/年

【参考】
液化天然ガス

348.3t-CO2/年


各社の概要と環境に対する取り組み

◆株式会社ファンケル・・・
本社:横浜市中区山下町89-1。1981年設立。世の中の「不」の解消を目指し、美と健康を応援するビジネスを展開。スキンケアを中心とした無添加化粧品をはじめ、栄養補助食品、青汁、発芽米などの事業を展開しています。2008年度より環境事業計画である「ファンケルECOプラン」を策定し、グループ全体で環境への取り組みを積極的に行っているほか、今後は節電への取り組みも積極的に行うなど、電力負荷の軽減にも寄与してまいります。

株式会社ファンケル美健 滋賀工場 概要
設立 :2002年10月8日
所在地 :滋賀県蒲生郡日野町大谷東山341−9
敷地面積 :89,980m2(27,218坪)
延床面積 :21,526m2(6,523坪)
製造アイテム数 :355種 ※2010年実績


これまでのファンケルグループの環境への主な取り組み

取り組み

内容

置き場所指定配達

通信販売での宅配時に受取印なしで、お客様が指定した置き場所へ配達する制度。これにより、不在時での再配達をなくすことができ、輸送時のCO2排出削減に貢献。【1997年開始】

箱裏への能書の印刷

製品の能書を容器の外箱の裏面に印刷することで、紙の使用量を削減。対応製品は順次増やす予定。【2002年開始】

エコパートナー
ポイント

直営店舗での購入時に、お買い物袋を辞退されたお客様にファンケルポイントを5ポイント提供。【2003年開始】

エコチャレンジ

従業員の家庭において、6か月を1クールとして、水道、ガス、電気の使用量が、前年同期間を下回れば、それぞれに褒賞金を支給する。家庭でのCO2削減に、約2,000名のグループ従業員が参加登録をしている。【2008年開始】


◆京セラ株式会社... 
1959年4月、京都市で創業。現在ファインセラミック部品、各種電子部品、太陽電池、携帯電話など、多岐にわたる事業をグローバルに展開している。1975年にソーラーエネルギー事業を開始。同事業では世界に7箇所ある製造拠点で太陽電池を製造している。環境保護活動では、1991年に「京セラ環境憲章」を制定。200社以上の全グループで環境性と経済性の両立を目指した活動を推進している。

これまでの京セラグループの環境への主な取り組み

取り組み

内容

京セラグループ
環境出前授業

社員自らが講師となり小学校を訪問し、太陽電池を題材とした参加体験型の授業を実施。グループ26拠点(12都道府県)の周辺地域や海外(中国)で実施し、累計受講者数は3万名を突破。【2003年開始】

国内各工場への
太陽光発電システム設置

2010年度、北海道北見工場など、国内の6工場に太陽光発電システムを導入したことにより、当社の国内全10工場への太陽光発電システム設置が完了。

グリーンカーテンの
取り組み

工場や事業所の建屋の窓際に植物を育てるエコ活動「グリーンカーテン」。取り組みを開始して以来、毎年拠点数や規模を拡大、昨年度は国内・海外の工場等20拠点で実施。合計すると全長725mのグリーンカーテンが完成。【2007年開始】

環境家計簿の
取り組み

家庭からのCO2排出量削減や、従業員ならびに従業員家庭の環境意識の向上などを目的として環境家計簿の取り組みを実施。現在は約8,400世帯が参加し、家庭におけるエコライフを進めている。【2008年開始】

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ