ニュースリリース

2011年

2011年06月10日

高速道路で国内最大規模 約40%の節電に貢献

「名二環(名古屋第二環状自動車道)」に京セラ製太陽電池モジュール約2MW供給

2011年06月10日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社の国内販売子会社である株式会社京セラソーラーコーポレーション(社長:財部 行廣)は、中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)が管理する「名二環」の植田地区、有松地区、鳴海地区の3箇所合計で太陽電池モジュール約2MW、約9,500枚を供給しました。太陽光発電システムについては、有松地区と鳴海地区には株式会社きんでん、植田地区には東光電気工事株式会社を通じて設置されました。このたびの案件は、国内の高速道路に設置された太陽光発電システムにおいて容量(出力)で最大規模となります。
年間発電電力量は、一般家庭約460世帯※1分に相当する約2,180,000kWhとなる見込みで、これにより「名二環(名古屋南JCT〜高針JCT区間)」の年間消費電力量の約40%を賄うこととなり、節電にも貢献します。発電した電力は、照明や料金所などの電力の一部として使われます。
国内の高速道路において、当社は本件のほか多数の設置事例を有しており、設置容量においてシェアNo.1※2と なっています。

画像:鳴海地区に設置された太陽光発電システム
鳴海地区に設置された太陽光発電システム

このたび採用された太陽電池モジュールは、周辺のマンション等への配慮から、表面ガラスの処理によって太陽光の反射を分散する“防眩タイプモジュール”です。この太陽電池モジュールは、高速道路のほか空港施設でも多く採用されている製品です。
当社は、さまざまなお客様の要望に対応できる製品バリエーションや、これまでの設置実績を通じて培ったエンジニアリング技術を有しており、これらによって、国内公共·産業用分野において太陽光発電システムの累計設置件数·容量ともに国内トップシェア※2となっております。
今後も、多くのお客様からのニーズに応えるとともに、温室効果ガス削減をはじめとする環境問題の解決にも貢献してまいります。

■太陽光発電システム設置概要

場所

名二環(名古屋南JCT〜高針JCT)の一部区間

総出力

約2MW

発電量予測

約2,180,000kWh/年

モジュール枚数

約9,500枚(植田地区、有松地区、鳴海地区3箇所の合計枚数)

道路供用開始日

2011年3月20日


※1 1世帯当たりの年間消費電力量を4,734kWhとして計算。
(出典:財団法人省エネルギーセンター 「待機時消費電力調査報告書 平成20年度版」)
※2 京セラ調べ、2011年6月現在

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ