ニュースリリース

2011年

2011年06月30日

太陽光発電の設置による節電への貢献

京セラ福島棚倉工場に太陽光発電システム194kWを増設

京セラグループ国内拠点で最大の設置量230kWに

2011年06月30日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、東北電力管内である福島棚倉工場(福島県東白川郡棚倉町)に、太陽光発電システム194kWを増設しました。本日より稼動を開始しますのでお知らせいたします。同工場の太陽電池導入量は、昨年9月に設置した36kWのシステムと合わせると230kWとなり、京セラグループ国内拠点で最大となります。
京セラは、これまでも環境負荷低減のため、本社ビルをはじめ工場や事業所など国内外の各拠点に太陽光発電システムを積極的に導入しております。
7月1日より東北電力管轄内で電力使用制限令が発動されることを踏まえ、当社は一層の節電を実現するため、このたび、福島棚倉工場に優先的に太陽光発電システムを設置いたしました。このシステムにより同工場では、ピーク電力の約8.2%を削減できる見込みです。さらに、自家発電機の設置や冷房温度28℃の徹底、不要な照明の消灯、パソコンの省エネモード設定など各種節電対策への取り組みを通じて、15%の削減目標を達成してまいります。

画像:福島棚倉工場に設置された太陽光発電システム
福島棚倉工場に設置された太陽光発電システム

■太陽光発電システムの概要

工場名

京セラ福島棚倉工場

所在地

福島県東白川郡棚倉町大字流字中豊88

出力

230kW(今回増設分は194kW)


このたびの福島棚倉工場への設置により、グループ全体で合計26箇所、2.2MW以上の太陽光発電システムが稼動することとなります。今後も、京セラは積極的に太陽光発電システムの導入を進め、省電力化に取り組むとともに、再生可能エネルギーの利用促進を通じて地球環境保護に貢献してまいります。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ