ニュースリリース

2011年

2011年09月21日

PHSで国内最長※1連続通話時間約11時間※2を実現
京セラ製PHS端末3モデル

スタンダードな折りたたみタイプ「WX01K」、若い女性向けストレート「Sweetia(スウィーティア)」、 上質なデザインで使いやすいストレート「LIBERIO(リベリオ)」登場

2011年09月21日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、このたびPHSの新製品として、当社独自の技術により音声通話時の消費電力を従来機種に比べて約2割削減することに成功し、PHS端末において国内最長※1となる約11時間※2の連続通話時間を実現する新端末3モデルを開発いたしました。スタンダードな折りたたみタイプで充実機能を搭載した「WX01K」、かわいらしいものを好む若い女性向けストレートタイプの「Sweetia(スウィーティア)(WX02K)」、そしてシンプルで上質なデザインを特長とする「LIBERIO(リベリオ)(WX03K)」という、ユーザーの方々の年齢、ライフスタイル、嗜好に合わせた3モデルを製品化し、より多くの方々へPHSを通したコミュニケーションを提案してまいります。
※1 2011年以降発売のPHSにおいて、2011年8月24日現在 京セラ調べ。
※2 電波を正常に受信できる状態での目安です。実際にご使用になる地域、使用状況などにより、利用時間が短くなります。

写真:左より 「WX01K」フィールレッド、「Sweetia」パステルピンク、「LIBERIO」ブラック

左より 「WX01K」フィールレッド、「Sweetia」パステルピンク、「LIBERIO」ブラック

今回の3モデルは、約11時間の連続通話時間を実現することで、バッテリーを気にすることなく長時間の通話を可能とするものです。また、雑音を除去する「ノイズリダクション」機能と安定した電波感度を誇る「ダイバシティアンテナ」を搭載し、通話時のクリアな音声を可能としているので、 ウィルコムの「24時間定額」や「だれとでも定額」を利用される方々に、さらに快適な通話をお楽しみいただけます。

本3モデルは、本日株式会社ウィルコム及び株式会社ウィルコム沖縄より発表されたラインアップであり、「WX01K」は2011年10月6日、「Sweetia」、「LIBERIO」は2011年11月中旬よりそれぞれ発売される予定です。

■3モデルの主な特長
3モデルには、待受画面から文字入力ができ、そのまま検索やメール作成ができる「すぐ文字®」、メニュー画面を自分好みにカスタマイズできる「お気に入りメニュー」などユーザーから好評の京セラオリジナル機能も搭載しています。
季節·時間帯に合わせて最適な言葉を予測する文字入力エンジン「iWnn」、文字の大きさをWEB画面、メール作成時等でそれぞれ設定※3ができる「文字サイズ拡大」機能を搭載。表示する文字フォントも見やすいアウトラインフォントを採用し、見やすさと使いやすさにも配慮しました。また、パソコン用のサイトが閲覧できるので、調べたい事や乗換え検索などもすばやく検索ができます。

1.「WX01K」の特長
「WX01K」は、通話だけではなく機能も使いこなしたいという20代以上の男女をメインターゲットとした、薄さ13.6mmのスタンダードな折りたたみモデルで、 充実した基本機能を搭載しました。
① 無駄を省いたスクエアなデザインを採用。
② メインディスプレイは3.0インチワイドQVGA液晶、サブディスプレイは0.9インチ有機ELディスプレイ。
③ オートフォーカス対応の約300万画素カメラを搭載。
④ 外部メモリーは最大32GBのmicroSDTM/microSDHCTMに対応。
⑤ 万が一の端末紛失に備えた安心機能を搭載。
·「リモートロック」 :遠隔でPHSのロックやデータ消去が可能。
·「閉めるとロック」 :端末を閉じてから予め設定した時間経過後には、キー操作が不能。
⑥ 「インタラクティブハンズフリー」に対応。
ハンズフリーでは一方向通話が一般的ですが、「WX01K」では、端末を置いたままスピーカーを通して快適な双方向通話を実現。


「WX01K」左より フィールレッド、ランプブラック、シルキーホワイト、シェルピンク
2.「Sweetia(スウィーティア)」と「LIBERIO(リベリオ)」の特長
「Sweetia」と「LIBERIO」はスリムなストレートタイプのPHSです。「Sweetia」はかわいらしいものを好む若年層の女性を、「LIBERIO」はシンプルで上質なデザインを好む20代の男女をメインターゲットとしています。2.0インチQVGAのディスプレイを搭載。撮影した写真にフォトフレームや日付スタンプを使って自分の好みで装飾ができる他、デコラティブメールにも対応しています。また、キー部分は、「Sweetia」には、女性の爪でも操作しやすい階段型の形状を、一方「LEBERIO」には、男性の指でも押しやすいドーム型を採用しています。
「Sweetia」は、カラーバリエーションに淡く優しい6色を用意し、ディスプレイの回りには星柄や格子柄が輝くミラーインクを使用した印刷加工を施し、かわいらしい華かさをプラスしました。
  「LIBERIO」は、カラーも落ち着いた輝きを放つ4色とし、円形十字キーを金属調にすることで上質な大人らしさを演出しています。
写真:「Sweetia」(左より)ローズピンク、パープル、パステルピンク、アイボリー、 ブルー、ホワイト

「Sweetia」(左より)ローズピンク、パープル、
パステルピンク、アイボリー、 ブルー、ホワイト
写真:「LIBERIO」(左より)ブラック、ホワイト、レッド、ネイビー

「LIBERIO」(左より)ブラック、ホワイト、
レッド、ネイビー

品名
WX01K
Sweetia(スウィーティア)
(WX02K)  
LIBERIO(リベリオ)
(WX03K)  
モデルタイプ
フォルダーモデル
ストレートモデル
カラー
フィールレッド、
ランプブラック、シルキーホワイト、
シェルピンク
(全4色展開)  
ローズピンク、パープル、
パステルピンク、アイボリー、
ブルー、ホワイト
(全6色展開)  
ブラック、ホワイト、レッド、
ネイビー(全4色展開)  
発売元 
株式会社ウィルコム、株式会社ウィルコム沖縄 
発売日(予定) 
2011年10月6日 
2011年11月中旬 
外形寸法W×H×D
(mm)
約50×108×13.6
約42×121×10.8
重量 (g)
約109
約73
メインディスプレイ
3.0インチWQVGA
2.0インチQVGA
サブディスプレイ
0.9インチ有機EL
カメラ
約300万画素AF
モバイルライト付き  
約31万画素
ムービー
QRコード
連続待受時間
約750時間※2
約700時間※2
連続通話時間
約11時間※2
データフォルダ容量
約70MB
メール保存量
約100MB
文字入力方式
iWnn
外部メモリ
microSDTM / microSDHCTM
メモリカード(最大32GB)  
ブラウザ
Net Front3.4
赤外線通信
●(IrDA)
Flash®
ハンズフリー
管理者ロック
JAVATM
※3  WEBはズーム9段階·文字サイズ3段階、メールは文字サイズ4段階にそれぞれ変更ができます。

※仕様および外観は改良のため、予告なく変更になる場合があります。※「Sweetia」で表示している待受画面はサイトKからダウンロードすることができます。 ※「すぐ文字」、「サイトK」は京セラの登録商標です。※IrDA Protocol Stack「DeepCore® 3.0+」© E-Globaledge Corp. All Right Reserved ※日本語変換はオムロンソフトウェア(株)のiWnnを使用しています。※“iWnn V1”© OMRON SOFTWARE, Co. Ltd. 2011 All Rights Reserved.※本製品は、株式会社ACCESSのNetFront Mobile Client Suiteを搭載しています。※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、株式会社ACCESSの日本国、米国またはその他の国における登録商標または商標です。※© 2011 ACCESS CO., LTD. All rights reserved.※Java and all Java based trademarks and logos are trademarks or registered trademarks of Oracle and/or its affi liates.※「microSD」、「microSDHC」はSD-3C, LLCの商標です。※本製品はAdobe Systems IncorporatedのAdobe® Flash® LiteTM テクノロジーを搭載しています。※Adobe Flash Lite Copyright© 2003-2011 Adobe System Incorporated. ※All rights reserved.Adobe、Flash、およびFlash LiteはAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびにその他の国における登録商標または商標です。※QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。※記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各開発メーカーの商標または登録商標です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ