ニュースリリース

2011年

2011年10月17日

新開発の特殊ナノ積層コーティング「MEGACOAT NANO (メガコート ナノ)」を採用

耐摩耗・耐欠損性が向上した
鋼の精密小物部品加工用切削工具「PR1425」を発売

2011年10月17日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、機械工具事業において、鋼の精密小物部品加工用として、新開発の特殊ナノ積層コーティング「MEGACOAT NANO (メガコート ナノ)」を採用し、耐摩耗・耐欠損性を向上させた切削工具(チップ)の新製品「PR1425」を、本日より発売しますのでお知らせいたします。
本製品は、鋼の精密小物部品加工において、荒加工から仕上げ加工まで一連の工程に対応するチップのラインアップを揃えています。

画像:鋼の精密小物部品加工用「PR1425」
鋼の精密小物部品加工用「PR1425」
  ■商品概要
製品名 PR1425
型番数 259型番
加工用途 鋼の精密小物部品加工
生産拠点 鹿児島川内工場
発売日 2011年10月17日
価格帯 720〜2,170円(税込)
販売目標 3億円(初年度)

新開発の「MEGACOAT NANO」は、チップ表面の被膜成分とコーティング方法を改良することでコーティング膜の硬度と耐酸化性を高めることに成功した当社独自の特殊ナノ積層コーティングです。
本製品は、このMEGACOAT NANOを採用することで、チップの耐摩耗・耐欠損性を向上させており、鋼の精密小物部品加工において、幅広い加工領域に対応し、様々な形状の加工物に対し、優れた切削性能を発揮します。また、難削材であるステンレス鋼の高速加工において、長寿命化を実現します。
さらに、主に仕上げ加工に用いられる研磨ブレーカチップは、寸法精度の基準がより厳しいものを標準品としてラインアップしています。高精度な研磨ブレーカによって、効率的な切りくず処理を促すことで、より一層の高精度加工および刃先寿命の向上に寄与します。
京セラは、本製品の投入により製品ラインアップを拡充し、お客様のニーズに合わせた最適な切削加工用チップを提案し、高精度・安定加工に貢献してまいります。

■新製品の特長
1. 新開発の特殊ナノ積層コーティング「MEGACOAT NANO」を採用
「MEGACOAT NANO」は、当社独自の特殊コーティングで、被膜成分の改良に加え、ナノレベルの層を積層させることによってコーティング膜の硬度と耐酸化性を向上させることに成功しました。
本製品は、MEGACOAT NANOを採用し、コーティング膜の硬度を高め、さらに、耐酸化性において重要な酸化開始温度を約1,200℃まで高めることで、チップの耐摩耗性を向上させています。また、超硬母材との組み合わせにより、チップの耐欠損性も向上させており、チップの長寿命化に貢献します。
さらに、コーティング膜の密着強度が高まっており、膜剥離を抑制し、自動盤※1で求められる安定加工に貢献します。
画像:コーティング膜の特性
※1 同一形状の小物部品の多量生産用に使用される工作機械。オートローダ(加工物を自動的に所定の位置に搬送する装置)を装着して加工物の着脱を自動化している。

2. 新技術「MEGACOAT NANO」により幅広い加工領域に対応
鋼の精密小物部品加工において、幅広い加工領域で優れた切削性能を発揮
鋼の精密小物部品加工における低速〜高速まで幅広い切削速度、連続〜断続加工まで幅広い加工領域に対応します。また、切削速度Vc=200m/min以上という高速加工においても高精度で、安定した加工を実現します。

ステンレス鋼の高速加工において長寿命化を実現
ステンレス鋼の精密小物部品加工において、高速領域(切削速度Vc=150m/min)での耐久性を向上させ、長寿命化を実現します。

3. 寸法精度をE級(高精度研磨級)にグレードアップした研磨ブレーカチップを標準品としてラインアップ
研磨ブレーカ※2チップは、主に仕上げ加工で使用されるため加工物の面粗度(加工面の粗さ)や加工精度が高い次元で要求されます。特に本製品は精密小物部品を加工するため、研磨ブレーカチップは、寸法精度を通常のG級より高精度なE級にグレードアップし、標準品としてラインアップしています。
研磨ブレーカチップの寸法精度を上げ、スムーズな切りくず処理を促すことで、切削抵抗を抑制し、高精度加工や刃先寿命の向上に寄与します。
※2 切りくずを効率的に処理するためにチップに設けられた溝。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

部品·デバイスの最新ニュース

このページのお問い合わせ