ニュースリリース

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

百貨店初、京セラ独自デザインの特殊カットダイヤモンドを使用
12本の矢が浮かび上がるカジュアルエンゲージリング

「Imperial Promise(インペリアル プロミス)」“組曲ジュエリー”から新発売

発表日:2011年11月01日
株式会社オンワード樫山
京セラ株式会社
株式会社オンワード樫山(社長:馬場 昭典、以下オンワード)は、京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫、以下京セラ)独自デザインの特殊カットダイヤモンドを使用したエンゲージリング「Imperial Promise (インペリアル プロミス)」を商品化し、本日11月1日(火)より全国有名百貨店の“組曲ジュエリー”コーナーにて本格販売を開始いたします。
このたびの新商品は、リング中央のダイヤモンドに、光をあててスコープで覗くと12本の矢が時計の文字盤のように浮かび上がる特殊カットを施しており、ブライダルにふさわしい、二人の“永遠の愛と至福の時間”を表現した、百貨店初登場のエンゲージリングです。

画像:「Imperial Promise(インペリアル プロミス)」サイドストーン:(左)ホワイトダイヤモンド(右)ピンクダイヤモンド
「Imperial Promise(インペリアル プロミス)」
サイドストーン:(左)ホワイトダイヤモンド
(右)ピンクダイヤモンド
画像:“永遠の愛と至福の時間”を表現して、ダイヤモンドに12本の矢が時計の文字盤のように浮かび上がるデザイン
“永遠の愛と至福の時間”を表現して、
ダイヤモンドに12本の矢が時計の
文字盤のように浮かび上がるデザイン

■「Imperial Promise」の美しい輝き
ダイヤモンドは、一般的に、その輝きを最も効果的に引き出すと言われている58面体のラウンドブリリアントカットが多く用いられています。本商品に使用したダイヤモンドは、緻密な計算にもとづくデザイン設計や卓越したカット技術によって、この58面体にさらに特殊なカットを16面施しました。これにより、ダイヤモンドの上面に時計をモチーフにした12本の矢を浮かび上がらせ、さらにラウンドブリリアントカットを上回る輝きを実現しました。

■カジュアルウエディングのニーズにあわせた展開
震災以降、人と人との絆が再確認され、結婚というセレモニーをより身近にした「カジュアルウエディング」のニーズが増えています。本商品は、そのニーズに合わせ、お求めやすい価格でありながら、高いクオリティとデザイン性を実現したカジュアルエンゲージリングです。
両社は、今後もオンワードが求める“組曲ジュエリー”の洗練されたデザイン性と京セラが培ってきた技術と素材を融合した、新しい価値観を提案する商品開発に取り組んでまいります。

■商品概要

商品名

「Imperial Promise(インペリアル プロミス)」

商品アイテム

エンゲージリング

価格(税込)

115,500円

素材

地金:プラチナ(Pt900) センターストーン:ダイヤモンド
サイドストーン:ホワイトダイヤモンド、ピンクダイヤモンドの2種類から選択

発売日

2011年11月1日(火)

取扱店舗

全国有名百貨店 “組曲ジュエリー”コーナー(約70店舗)



<ご参考>
■オンワード×京セラのコラボレーションについて

ファッション業界で常に新しい価値観を世の中に提供してきたオンワードと、ファインセラミックスをベースに高い技術で多角化展開を図る京セラとの異業種コラボレーションは、2008年より始まりました。これまで、20代の女性向けカジュアルブランド「組曲」のジュエリーラインである“組曲ジュエリー”において、『セラミックポストピアス』(2008年11月)、『ウォーターオパールネックレス』(2009年7月)、高硬度プラチナブライダルリング(2010年1月、2011年1月)、『ピュアピンクサファイア』シリーズ(2010年7月)が誕生しています。本年6月には、京セラ独自のハート模様が浮かび上がる特殊カットダイヤモンドを使用したエンゲージリング『Brilliant Love Promise』を商品化し、多くのお客様にご好評いただきました。そして今回、特殊カットダイヤモンドを使用したエンゲージリングの第2弾として、12本の矢が浮かび上がり、卓越した輝きをもつ京セラ独自のダイヤモンドを使用したエンゲージリングを販売いたします。