ニュースリリース

2011年

2011年11月30日

京セラ滋賀蒲生工場·滋賀八日市工場の環境活動が

「平成23年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

京セラとして2年連続の受賞

2011年11月30日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、このたび、滋賀蒲生工場·滋賀八日市工場(いずれも滋賀県東近江市)がおこなう地域と連携した環境活動が評価され、環境省が実施する「平成23年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(対策活動実践部門)」を受賞しましたのでお知らせいたします。当社は、昨年度に公共·産業用の高出力太陽電池モジュールが「技術開発·製品化部門」にて受賞しており、2年連続の受賞となります。
当社は今後も、地域に根ざした企業として地域社会の発展と地球環境の保護に貢献する活動を積極的に推進してまいります。

写真:滋賀県東近江市役所に採用されたソーラーサイクルステーション
滋賀県東近江市役所に採用された
ソーラーサイクルステーション
写真:滋賀八日市工場内の見学施設
滋賀八日市工場内の見学施設

■受賞内容「太陽電池を応用した地球温暖化防止活動の実施」
今回の受賞は、京セラ滋賀蒲生工場·滋賀八日市工場による温暖化対策の各種取り組みが、地元コミュニティや自治体と連携している点や、太陽電池を応用して実践している点等が評価されたことによります。具体的な内容は、以下の通りです。
  1. 「ソーラーサイクルステーション」の開発·販売
    電動アシスト自転車の普及を図る、太陽電池を利用した充電システムの開発·販売
  2. 滋賀県東近江市「次世代エネルギーパーク構想」への参画
    経済産業省が認定した東近江市の経済活性化·環境対策への参画
  3. 「京セラ滋賀グリーン&エコガーデン」と「エコロジーハウス」における環境教育の実施
    環境活動等を紹介する展示施設の充実による、地域と連携したエコツアーの展開
  4. 太陽電池を題材とした環境出前授業の実施
    地域の小学校における、太陽電池を題材とした環境教育の実施
  5. 「京セラの森づくり」と間伐材の炭化活動、炭による水質浄化実験
    社有林の整備活動と、同活動にて発生した間伐材を水質浄化に利用する新しい試み

■「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」について
地球温暖化防止活動環境大臣表彰は、環境省が地球温暖化対策を推進する一環として、1998年から毎年、地球温暖化防止月間である12月に、地球温暖化の防止に顕著な功績のあった個人や団体の功績をたたえるためにおこなわれています。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境·社会活動の最新ニュース

このページのお問い合わせ