ニュースリリース

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

インドでの切削工具の製造会社設立ならびに事業強化について

発表日:2012年04月05日
京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫、以下京セラ)は、インドでの機械工具事業のさらなる強化を図るため、同国に切削工具の製造会社を設立いたします。

本日、京セラの100%子会社でアジア地区の販売会社である、京セラアジアパシフィック(KYOCERA Asia Pacific Private Limited、社長:青沼 健司)とインドの切削工具等の製造会社であるCTC(インド)(CTC(India)Private Limited.、社長:Ramesh Agarwalla)の両社は、切削工具製造会社の設立に関する合弁契約を締結いたしました。2013年6月の稼動開始を目指してまいります。

なお、インドでの製造拠点の設立は、京セラグループで初めてとなります。


インドでは、自動車や一般産業機械の市場が急速に拡大しています。さらに、エネルギー産業、鉄道や道路などのインフラ関連産業も成長基調にあります。このことから同国の切削工具市場の規模は、今後の年平均成長率が約10%と新興国の中でも最も高く、さらに拡大すると見込まれています。

また、インドに進出する自動車メーカー等では、コスト競争力等を強化するために、国内製品を優先的に購入する動きが活発となっています。


このたびの製造会社の設立によって、現地での生産体制を構築し、インド国内の切削工具の需要に対応してまいります。

販売体制については、2009年8月に現地販売会社(KYOCERA Asia Pacific India Private Limited)を設立し、現在では、グルガオンを始め、プネ、バンガロール、チェンナイの4都市に営業拠点を置いています。今後さらに、同国内での新たな営業所の開設も検討しており、販売体制を強化してまいります。

また、技術サポート体制については、本年6月にグルガオンにテクニカルセンターを設立する予定で、現地顧客のニーズに即応できる体制を構築してまいります。


当社は、今後さらに拡大が期待されるインド市場において、同国内に製造、営業、テクニカルセンターの体制を確立することで、インドにおける機械工具事業の売上を5年後には70億円に拡大することを目指してまいります。


■製造会社の概要

社名

Kyocera CTC Precision Tools Private Limited
(京セラCTC精工株式会社)

所在地

インド国ジャールカンド州ジャムシェドプール(インド東部)

出資比率

京セラアジアパシフィック74%、CTC(インド)26%

会社設立

2012年6月(予定)

稼働開始

2013年6月(予定)

事業内容

切削工具(チップ、ホルダ等)の製造

工場概要

敷地面積:約8,000m2、延床面積:約7,000m2

従業員数

5年後に約200名(予定)