ニュースリリース

2012年

2012年07月01日

京都府内初のメガソーラー発電所「ソフトバンク京都ソーラーパーク」第1基が運転開始

京セラ製太陽電池モジュール2.1MWを設置完了

2012年07月01日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラグループが本年5月より建設工事を進めてまいりました、京都府初で府下最大のメガソーラー発電所「ソフトバンク京都ソーラーパーク」の第1基(京都市伏見区)が完成し、本日7月1日(日)より運転開始となりましたのでお知らせいたします。

同発電所は、京セラ(株)が太陽電池モジュールを供給、(株)京セラソーラーコーポレーションがシステム設計や資材調達、京セラコミュニケーションシステム(株)がシステム施工を担当しており、事業運営はソフトバンクグループのSBエナジー(株)が実施します。

このたびの第1基は、京セラ製太陽電池モジュールが8,680枚設置され、出力は約2.1MWとなります。年間発電電力量は、一般家庭の約580世帯分※1に相当する2,100,000kWhとなる見込みです。なお、第2基は6月より着工しており、本年9月1日の運転開始を予定しております。

本日より、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が開始され、国内の太陽電池市場は昨年度比約2倍の伸びが予測されています。 京セラグループは、今後も総力を結集し、再生可能エネルギーの導入促進、また温室効果ガス削減をはじめとする地球環境問題の解決に努めてまいります。

写真:ソフトバンク京都ソーラーパーク
ソフトバンク京都ソーラーパーク


■大型・高出力太陽電池モジュール
写真:防汚モジュール
防汚モジュール
同発電所には、1枚あたりの出力が242Wで大規模案件への設置に適した京セラ製大型・高出力太陽電池モジュールを使用しています。また、モジュール枠に複数の溝が施された京セラ独自構造の“防汚タイプモジュール“※2を使用しており、設置する傾斜角度が低い場合でも埃などが雨水と共に排出されやすく、太陽電池モジュールの表面ガラスの汚れによる発電量の低下を防ぐことが可能です。

■国内公共・産業用累計設置量 トップシェア
京セラは、メガソーラーを含む国内公共·産業用分野において、累計設置容量でトップシェア※3であり、長年培ってきた京セラグループの信頼性の高い製品力や設計技術、施工技術などを生かし、地元京都におけるエネルギーの地産地消に貢献してまいります。

■メガソーラー発電所概要
名称 ソフトバンク京都ソーラーパーク
所在地 京都府京都市伏見区淀樋爪町
敷地面積 約89,000m2
総出力 約4.2MW(第1基:2.1MW、第2基:2.1MW)
使用モジュール枚数 17,360枚(第1基:8,680枚、第2基:8,680枚)
年間発電電力量
(推定)
約4,200,000kWh
(第1基:約2,100,000kWh、第2基:約2,100,000kWh)
運転開始時期 第1基:2012年7月1日
第2基:2012年9月1日(予定)

※1  1世帯当り3,600kWhで算出
※2  特許登録済
※3  2012年6月現在、京セラ調べ


写真:運転開始セレモニーの様子
運転開始セレモニーの様子 : 右から  SBエナジー株式会社 代表取締役社長 孫正義、
     京都市市長 門川大作、京セラ株式会社 名誉会長 稲盛和夫

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ