ニュースリリース

2012年

2012年07月31日

国内最大70MWのメガソーラー発電所の事業運営会社

「鹿児島メガソーラー発電株式会社」設立について

2012年07月31日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

京セラ株式会社(本社:京都市伏見区、社長:久芳 徹夫、以下京セラ)は、出資会社6社と共に、国内最大となる70MWの太陽光発電事業を実施するための事業運営会社「鹿児島メガソーラー発電株式会社」を設立し、本日、出資手続きを完了しましたのでお知らせいたします。

新会社は、株式会社IHI保有の鹿児島市七ツ島の土地において出力70MWの太陽光発電事業を展開し、九州電力への電力供給を行ってまいります。また、本事業の総投資額は約270億円の予定であり、京セラ含めた7社による出資金と、みずほコーポレート銀行のアレンジによるプロジェクトファイナンスにて調達する予定です。なお、本発電所は本年9月着工、来年秋ごろの完成を目指してまいります。

当社は、このたびの発電事業を通じて、太陽光発電による環境ビジネスの実現によって地域活性化に寄与するとともに、再生可能エネルギーの普及を促進することで地球環境ならびに地域や人類社会に貢献してまいります。
■会社概要
社名

鹿児島メガソーラー発電株式会社

本社所在地

鹿児島市鴨池新町1-1((株)九電工 鹿児島支店内)

代表者

代表取締役社長 前田 辰巳(京セラ(株)代表取締役副社長)

設立

2012年7月10日

資本金

約43億円

出資会社

京セラ(株)、KDDI(株)、(株)IHI、(株)九電工、(株)京都銀行、
(株)鹿児島銀行、(株)竹中工務店   計7社

事業内容

出力70MWの太陽光発電による九州電力への電力供給
事業期間:発電所完成後、九州電力への電力供給開始から20年間


■各社の役割

会社運営業務

京セラ(株)

建設工事

(株)京セラソーラーコーポレーション、(株)九電工、(株)竹中工務店

運営保守

(株)京セラソーラーコーポレーション、(株)九電工

用地賃貸

(株)IHI


■鹿児島七ツ島メガソーラー発電所概要

発電能力

太陽光発電システム70MW

所在地

鹿児島県鹿児島市七ツ島2丁目

土地面積

約127万m2

年間発電電力量

約78,800MWh(予測)
※一般家庭の約22,000世帯分に相当/年間約25,000tのCO2削減に貢献

建設スケジュール

着工:2012年9月
完成:2013年秋ごろ予定


※ 当社調べ。1箇所の発電能力で正式会社発表ベース(2012年7月時点)

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ